WHO総会 米中が応酬 対立鮮明に

WHO総会 米中が応酬 対立鮮明に
k10012435511_202005190647_202005190648.mp4
新型コロナウイルスへの対応にあたるWHO=世界保健機関の総会が18日から始まりました。初日には、中国の習近平国家主席がWHOの対応を称賛する一方、「WHOは中国寄りだ」と主張するアメリカは「必要な情報を得ることに失敗し多くの人命を犠牲にした」と反論し、米中の対立が鮮明になっています。
WHOの年次総会は、18日から2日間の日程で、194のすべての加盟国が参加してテレビ会議形式で行われています。

初日の冒頭、一部の国の首脳がスピーチし、このうち中国の習主席は「中国は透明性をもって情報を提供してきた」と述べ、アメリカなどが批判する感染状況の隠蔽はないと反論しました。
そのうえでWHOについては「テドロス事務局長の指導のもと、国際的な感染対策で多大な貢献をしてきた」と称賛し、「WHOは中国寄りだ」と主張するアメリカをけん制しました。

これに対してアメリカのアザー厚生長官は、中国を念頭に「少なくとも1か国は、新型コロナウイルスの発生を明らかに隠そうとして透明性を保つ義務を踏みにじり、世界に大きな被害を及ぼした」と反論しました。
さらにWHOについて「必要な情報を得ることに失敗し、多くの人命を犠牲にした」と批判して、WHOの一連の対応を検証し、現状を変革しなければならないと主張しました。
またアザー長官は、台湾が目指していた総会へのオブザーバー参加が今回は認められず、議論が先送りされたことについて「台湾の効果的で模範的な対応について知見を共有するうえでも参加を認めることは重要だ」と述べて、WHO側の判断を批判しました。

総会は現地時間の19日午後、閉会する予定ですが、ウイルスへの対応をめぐる米中の対立が一段と鮮明になる中で、国際社会の足並みの乱れが感染の封じ込めに向けた対策の遅れにつながらないか懸念されます。