イタリア 経済活動の制限を大幅緩和 店が70日ぶり営業再開

イタリア 経済活動の制限を大幅緩和 店が70日ぶり営業再開
k10012435501_202005191111_202005191128.mp4
新型コロナウイルスの感染拡大で3万2000人を超える人が亡くなったイタリアで経済活動の制限が大幅に緩和され、商店や飲食店がほぼ70日ぶりに営業を再開しました。
イタリアでは新型コロナウイルスに感染して亡くなった人が3万2000人を超えましたが、18日には1日の死者数が3月9日以来初めて100人を下回りました。

イタリア政府は感染の拡大が抑えられつつあるとして、この日、ほぼ70日ぶりに外出制限を大幅に緩和し、州の中の自由な移動や多くの店の営業再開を認めました。

首都ローマのレストランでは店内の消毒をしたあとテーブルどうしを1メートル以上離して営業を再開しました。

レストランの営業は当面、予約客のみで、訪れた客の名簿を1か月間保管することも新たに義務づけられました。

経営者の男性は「ともに食事をするというのは私たちのすばらしい文化で、客は戻ってくると信じている」と話していました。

イタリアでは商店や理髪店も感染対策を行うことを条件に営業が認められましたが、18日に再開した店は全体の6割にとどまったとみられています。

イタリアのコンテ首相は、来月3日からはEU=ヨーロッパ連合の域内から観光客を受け入れる方針を示していて、感染のいわゆる「第2波」を防ぎながら経済の再生を目指すことになります。

バチカン サンピエトロ大聖堂の一般公開再開

イタリアで経済活動の制限が大幅に緩和されるのに合わせて18日、ローマ カトリック教会の中心地バチカンでも、サンピエトロ大聖堂の一般公開が再開されました。

5月18日は1978年から2005年までローマ教皇を務めたヨハネ・パウロ2世の生誕100年となることから、サンピエトロ大聖堂ではフランシスコ教皇による記念のミサが執り行われました。

またイタリアの教会でも18日から教会でのミサに信者が参加できるようになりました。
ローマの教会ではマスク姿の信者どうしが距離をとるなどの対策をしてミサに参加し、マスクと手袋を着用した神父から祝福を受けていました。