検察庁法改正案 与党は臨時国会目指す 野党は規定撤回求める

検察庁法改正案 与党は臨時国会目指す 野党は規定撤回求める
検察庁法の改正案は今の国会での成立が見送られました。政府・与党は秋にも想定される臨時国会で成立を目指す方針なのに対し、野党側は引き続き、検察官の定年延長を可能にする規定の撤回を求めていくことにしています。
検察庁法の改正案について政府・与党は、国民の理解なしに国会審議を進めることは難しいとして、国家公務員の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案とともに今の国会での成立を見送ることを決めました。

これを受けて立憲民主党など野党側は、先週提出した武田国家公務員制度担当大臣に対する不信任決議案を取り下げました。

安倍総理大臣は「国民からさまざまな批判があり、しっかりと応えていくことが大切だ。丁寧に説明し、これからも責任を果たしていきたい」と述べました。
政府・与党は、検察官の定年を延長する場合の基準を明確にするなどして、秋にも想定される臨時国会で成立を目指す方針です。

一方、立憲民主党の枝野代表は「ほとぼりが冷めたら、こっそりと強行しようという姿勢だ。国民とともに政府・与党の動きを厳しくチェックする」と述べました。
野党側は、改正案が継続審議となることから、引き続き検察官の定年延長を可能にする規定の撤回を求めていくことにしていて、議論は次の国会に持ち越されることになります。