ファーウェイ 米の規制強化は「恣意的かつ悪質」

ファーウェイ 米の規制強化は「恣意的かつ悪質」
アメリカ政府が中国の通信機器大手ファーウェイを規制する措置を強化すると発表したことについて、ファーウェイは「恣意(しい)的かつ悪質だ」として、断固として反対するという声明を出しました。
アメリカ商務省は安全保障上の懸念があるとして、去年5月、アメリカの企業が政府の許可なくファーウェイに半導体を含む電子部品などを輸出するのを禁止しましたが、今月15日には、アメリカ製の半導体の製造装置でつくられた製品は、国外でつくられたものでもファーウェイへの販売は認めないとして規制の強化を発表しました。

ファーウェイは18日、中国の深※センで行ったイベントで「今回の決定は恣意的かつ悪質で、世界中の産業を脅かすおそれがある。断固として反対する」という声明を発表しました。

そして郭平副会長は「アメリカにわれわれの競争相手はいない。ほかの国や企業が技術でリードすることは、アメリカにとって覇権が脅かされることなのだろう」と述べて、アメリカの対応を強く批判しました。

そのうえで「業務が多大な影響を受けることは避けられないが、できるだけ早く解決方法を見つけ出せる自信がある。どうすれば生き延びられるか探っていく」と述べ、対応の検討を急ぐ考えを示しました。

アメリカの新たな措置が適用されると、ファーウェイの半導体の設計や委託生産に大きな影響が出ることが見込まれ、米中のハイテク分野の対立が深まっています。

※土へんに川