西日本と東日本 あすにかけ局地的に非常に激しい雨のおそれ

西日本と東日本 あすにかけ局地的に非常に激しい雨のおそれ
前線の影響で、西日本では断続的に激しい雨が降っています。19日にかけて西日本と東日本で非常に激しい雨が降るおそれがあり、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水などに警戒するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、西日本から本州の南にのびる前線上に、18日夜には低気圧が発生し、19日にかけて東寄りに進む見込みです。

前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んで大気の状態が不安定となり、九州や四国で断続的に激しい雨が降っています。

鹿児島県では午後8時までの24時間に150~200ミリ以上の雨が降り、地盤が緩んでいる地域があります。

激しい雨の範囲は次第に東へ広がり、西日本では19日明け方にかけて、東日本では19日昼前にかけて雷を伴った激しい雨が降り、局地的には1時間に50ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあります。

19日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、
▽四国、東海、伊豆諸島で150ミリ、
▽近畿で120ミリ、
▽関東で100ミリと予想されています。

気象庁は土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、広い範囲で落雷や竜巻などの突風に十分注意するよう呼びかけています。

鹿児島 住宅3棟が床下浸水

大雨の影響で、鹿児島県の薩摩半島の一部では浸水被害が確認されています。

警察などによりますと、18日午前10時ごろ、薩摩川内市高城町の住宅裏の斜面から泥水が流れ、用水路にたまったため、近くの住宅1棟の床下が浸水したということです。

復旧作業は終えたということです。

また、鹿児島県阿久根市によりますと、阿久根市西目でも住宅2棟が床下浸水したということです。

いずれも、けが人などはいないということです。