自民 小池知事立候補なら独自候補擁立せず 首相了承 都知事選

自民 小池知事立候補なら独自候補擁立せず 首相了承 都知事選
告示まで1か月となった東京都知事選挙をめぐって、安倍総理大臣は、小池知事が立候補した場合には自民党として独自候補を擁立しない方針を了承しました。
来月18日告示、7月5日投票の日程で行われる東京都知事選挙をめぐって、自民党は先週、小池知事が立候補した場合には独自候補を擁立しない方針を確認しました。

これを受け下村選挙対策委員長が18日、総理大臣官邸を訪れ、安倍総理大臣にこうした方針を報告しました。

これに対し安倍総理大臣は「東京では緊急事態宣言が出ている。独自候補を立てて選挙ができる状況でもなく、やむをえない」と述べ、了承しました。

このあと下村氏は記者団に対し「今後小池知事の判断を見極めながら、わが党として都知事選挙にどう対応するか、今月中に決めたい」と述べました。

自民 二階幹事長「小池知事応援に何ら異議ない」

自民党の二階幹事長は記者会見で、「もう何か月も前に『小池知事が出る決意をするなら、われわれは推薦する方向で取り組んでいきたい』という方向性を申し上げた。あれだけ活躍しているし、一番大事な都民の支持が圧倒的にある。党が小池知事を応援することに何ら異議はない」と述べました。