住宅全焼で2人死亡 親子か 愛知 新城

住宅全焼で2人死亡 親子か 愛知 新城
18日未明、愛知県新城市で住宅が全焼する火事があり、焼け跡から2人が遺体で見つかりました。この家で暮らす51歳の男性と72歳の母親と連絡が取れないということで、警察が遺体の身元の確認を進めています。
18日午前0時半すぎ、新城市有海のパート従業員、渡邉雅之さん(51)の住宅から火が出ているのを近くに住む人が見つけ消防に通報しました。

消防車など12台が消火活動に当たり、火はおよそ4時間後に消し止められましたが、いずれも木造平屋建ての住宅と離れの合わせて2棟が全焼し、住宅の焼け跡から2人が遺体で見つかりました。

警察によりますと、この家には渡邉さんと72歳の母親の2人が暮らしていて、火事のあと2人と連絡が取れないということです。

警察は遺体の身元の確認を進めるとともに、火事の原因を調べています。現場はJR飯田線の鳥居駅から南西に400メートルほど離れた住宅が点在している地域です。