マイケル・ジョーダンさんのシューズ 約6000万円で落札

マイケル・ジョーダンさんのシューズ 約6000万円で落札
NBA=アメリカプロバスケットボールのスーパースターだったマイケル・ジョーダンさんが、プロデビュー当時に履いていたバスケットボールシューズがオークションに出品され、日本円で6000万円で落札されました。
アメリカではジョーダンさんのドキュメンタリー番組が放送されていて、新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が続く中、多くの人が番組を視聴したことも高値での落札につながったとみられます。
アメリカのオークション大手サザビーズに出品されたバスケットボールシューズは、ジョーダンさんが1985年にプロデビューした当時に履いていたものです。

バスケットボールの世界で当時まだ新興のメーカーだったナイキが作った特注品で、左右の大きさが異なり、靴ひもは赤色で、ジョーダンさんのサインが入っています。

落札予想価格は15万ドルでしたが、これを大幅に上回る56万ドル(約6000万円)の値段がつき、サザビーズはスポーツシューズとしては史上最高値だとしています。

高値で落札された背景には、17日まで全米で5週にわたって放送されたドキュメンタリー番組の効果もあったとみられます。

この番組はジョーダンさんが所属していたシカゴ・ブルズの2度にわたる3連覇の軌跡を描いたもので、新型コロナウイルスの感染拡大で外出制限が続く中、初回の放送は全米で1300万人を超える人が視聴したということです。