福島 南相馬 新たに2人感染確認 クラスターか 新型コロナ

福島 南相馬 新たに2人感染確認 クラスターか 新型コロナ
役員や従業員が新型コロナウイルスに感染した福島県南相馬市の会社で、新たに従業員2人の感染が確認されました。福島県は県内4例目の感染者の集団、クラスターが発生したとみています。
福島県は25日午後7時から記者会見を開き、県内で25日新たに2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表しました。

2人はいずれも南相馬市の看板製造会社「原町サイン」の従業員で、このうち市内の60代の男性は今月21日から軽い体のだるさが続き、25日、検査の結果、感染が確認されました。

もう1人の市内の20代の男性は、今月20日に発熱などの症状が出始め、25日感染が確認されました。

2人とも症状は軽く、医療機関に入院する予定です。

この会社では、今月16日以降、役員や従業員の感染が確認されていて、この会社に関係する感染者は合わせて6人となり、福島県は県内4例目のクラスターが発生したとみています。

福島県で感染が確認されたのはこれで68人となりました。

このうち19人が退院しています。

濃厚接触者のPCR検査進まず

福島県南相馬市の門馬和夫市長は、会見で、クラスターと呼ばれる感染者の集団が発生したことについて、「重大な案件と受け止めており、市でもさらなる感染対策を行わなくてはならないと感じている。市民には、引き続き、外出を控えていただくとともに市内の事業所に対しても在宅勤務やテレワークの推進など一層の対策をお願いしたい」と述べました。

そのうえで、「クラスターが発生した企業から、もっと多くの人がPCR検査を受けられるようにしてほしいという要望がある。濃厚接触者の方々が速やかに検査を受けられるよう県にお願いしたい」と話していました。

県によりますと、今回クラスターが発生した会社では、従業員55人のうち、23人が濃厚接触者とされていますが、25日までにPCR検査を受けたのは9人だということです。