緊急事態宣言「期間短縮は一人一人の行動次第」小池都知事

緊急事態宣言「期間短縮は一人一人の行動次第」小池都知事
法律に基づく「緊急事態宣言」から21日で2週間となり、東京都の小池知事は「この期間を短くできるかは一人一人の行動にかかっている」と述べ、緊急事態宣言の期間をできるだけ短くするためにも、徹底した外出自粛などへの協力を改めて呼びかけました。
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今月7日に「緊急事態宣言」が東京など7都府県に出されてから2週間となった21日、東京都の小池知事は都庁で記者団の取材に応じました。

この中で小池知事は「この間の皆さんの協力に感謝したい。2週間前の私たちの行動の総計が今、出てきていて、きょうからの2週間は、これから日本全体、東京全体としてその結果が出てくる。その結果を生み出すのは一人一人の行動だ」と述べました。

そのうえで「過去2週間がどうだったのかよく分析しながら、協力が実っているのかいないのか、協力してくれた方にもそうではない方にも振り返っていただいて、これからどうやってこの期間を短くしていくか。これは一人一人の行動にかかっている」と述べ、緊急事態宣言の期間をできるだけ短くするためにも、徹底した外出自粛などへの協力を改めて呼びかけました。