千葉県 休業要請の対象公表 飲食店の営業時間短縮は要請せず

千葉県 休業要請の対象公表 飲食店の営業時間短縮は要請せず
千葉県は14日から行う休業要請の詳細についてまとめました。

国のガイドラインに基づき、遊興施設や展示場などを対象としますが、飲食店への営業時間短縮の要請は行わないとしています。
千葉県は、当初事業者への休業要請には慎重な姿勢を見せていましたが、東京都や神奈川県それに埼玉県が実施を決めたことを受けて11日、一転して行うことを決め、対象となる業種や施設の詳細について13日、公表しました。

それによりますと要請を行う期間は14日午前0時から来月6日までで、対象とするのは国のガイドラインに沿った形で劇場や映画館、キャバレーやナイトクラブ、カラオケやネットカフェといった遊興施設、体育館などの運動施設などです。

学校や博物館など、自動車教習所や学習塾については延べ床面積が、1000平方メートルを超える場合対象となります。

また、東京都などが行っている飲食店への営業時間の短縮の要請については「事業者で適切に判断してほしい」として、千葉県では行わない方針です。

一方、医療機関のほかスーパーやドラッグストアなどは、感染防止対策をしたうえで継続を要請します。

県は「休業要請の対象業種は今後の状況で改めて検討する。また、中小企業への支援策は国の臨時交付金を財源に調整を進めたい」としています。

要請する施設と継続要請する施設など

千葉県が14日から来月6日までの間、休業や使用制限を要請する施設についてまとめました。

1 基本的に休業要請

基本的に休業や施設の使用停止への協力を要請する施設は、延べ床面積の合計が1000平方メートルを超える大学や専修学校、各種学校などの教育施設、劇場や観覧場、映画館、演芸場、集会場や公会堂、展示場、それに、ホテルや旅館で延べ床面積の合計が1000平方メートルを超える宴会場や大広間など、体育館や水泳場、ボウリング場、スポーツクラブなどの運動施設、マージャン店、パチンコ店、ゲームセンターなどの遊技場、延べ床面積の合計が1000平方メートルを超える博物館、美術館、図書館、キャバレーやナイトクラブ、ダンスホール、バー、ネットカフェ、漫画喫茶、カラオケボックス、射的場、勝馬投票券販売所、場外車券売り場、ライブハウスといった遊興施設など、延べ床面積の合計が1000平方メートルを超える自動車教習所や学習塾などです。

2 原則として休業要請

また、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校、幼稚園については、施設を閉じるのが難しい場合や登校日を設ける必要があるとして、「原則として」施設の使用停止への協力を要請しています。

3 条件付き継続要請

さらに、保育所と学童保育は規模を縮小できないか検討するよう依頼したうえで、感染を防ぐための対策を取って、事業を継続するよう協力を要請します。

通所介護や短期間の入所により利用される福祉サービス、保健医療サービスを提供する施設については、感染を防ぐための対策を取って事業を継続するよう協力を要請します。

4 継続要請

一方、事業の継続を要請するのは病院や薬局、医薬品の製造・販売を行う医療関係の事業者、介護老人福祉施設や障害者支援施設、電力やガスなどのインフラ、農業や林業、漁業などの飲食料品供給関係、家庭用品の輸入・製造やインターネット通販など、生活必需物資の供給関係、居酒屋などを含む食堂やレストラン、宅配やスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどの生活必需物資の小売関係、配管工や電気技師、銭湯や理美容、ランドリー、獣医、ゴミ処理関係、冠婚葬祭業、メディア、ネット環境維持のサービスや自動車などの整備、銀行などの金融サービス、鉄道やバス、タクシー、郵便などの物流・運送サービス、航空機など国防に必要な業種、ビルメンテナンスやセキュリティ、河川や道路などの管理、警察や消防をはじめとする行政サービス、託児所などの育児サービスとなっています。

これらの業種についても、継続する上で店舗を利用する人の入場制限などを設けたり、営業時間の変更、行列を作らないための工夫などの感染を防ぐ対策を取るよう求めています。

相談窓口

この措置の内容についての疑問や不安に対応するため、千葉県は電話相談窓口を設けました。

電話番号は043-223-2674で、平日午前9時から午後5時まで受け付けています。