受診歴ない患者にもオンライン診療を 規制改革推進会議

受診歴ない患者にもオンライン診療を 規制改革推進会議
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府の規制改革推進会議は医療崩壊を防ぐため、受診歴のない患者なども初回の診療から「オンライン診療」を認めるよう提案し、難色を示した厚生労働省に対して、再検討するよう求めました。
政府の規制改革推進会議は、安倍総理大臣の指示を受けて、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための規制緩和策の検討を進めています。

2日の会合では、インターネットを通じた「オンライン診療」について、厚生労働省に対し、院内感染や医療崩壊を防ぐため、受診歴のない患者なども対象にするよう求めました。

厚生労働省は、感染が疑われる患者には初回の診療から可能にするよう検討を進めていますが、「オンライン診療」をそれ以外の患者にも広げることには難色を示し、規制改革推進会議は再検討するよう要請したということです。

また、遠隔教育については、児童・生徒が自宅などでオンラインでの授業を受けられるようにするための端末と通信環境の整備、さらに、内容に応じて、正式な授業に出席したものと認めるよう提案したのに対し、文部科学省は「実行したい」と回答したということです。

規制改革推進会議は、2日の議論を踏まえ、来週にも新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための規制緩和策を意見書として取りまとめることにしています。