きょう新年度予算案成立 新型ウイルス対策の補正予算案編成へ

きょう新年度予算案成立 新型ウイルス対策の補正予算案編成へ
k10012352571_202003270437_202003270443.mp4
一般会計の総額が過去最大の102兆円余りとなる新年度予算案は、27日、参議院で採決され、可決・成立する見通しです。これを受けて、政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、追加の経済対策を盛り込んだ補正予算案の編成に着手する方針です。
新年度予算案は、高等教育の無償化や、去年策定した経済対策の費用などが盛り込まれていて、一般会計の総額が、過去最大の102兆6580億円となっています。

予算案は、27日、参議院の予算委員会で、安倍総理大臣とすべての閣僚が出席して締めくくりの質疑と採決が行われたあと、本会議でも採決され、可決・成立する見通しです。

これを受けて、政府は、新型コロナウイルスの感染拡大で経済に深刻な影響が出ていることから、追加の経済対策をまとめ、新年度の補正予算案を編成することにしています。

そして、大型連休前の成立を目指す方針です。

一方、来月2日には、衆議院本会議で、東京オリンピック・パラリンピックの延期や、新型コロナウイルスへの対応について、安倍総理大臣から報告を求め、質疑が行われるなど、与野党の論戦が続きます。