共産 連立政権発足時は党見解こだわらず 立民に伝える

共産 連立政権発足時は党見解こだわらず 立民に伝える
共産党は、みずからが参加する連立政権が発足した場合の対応について、立憲民主党に対し、自衛隊や天皇制などに関する党の見解にはこだわらない考えを伝えました。
共産党は野党第1党の立憲民主党などとともに政権を担う「連合政権」構想を掲げ、その実現を目指しています。

共産党の小池書記局長は、立憲民主党の福山幹事長と国会内で会談し、構想が実現した際には、政策的に一致できるものから優先して実行すべきだとして、自衛隊や天皇制などに関する党の見解にはこだわらないと説明しました。

また、志位委員長もこうした考えを無所属の議員グループの代表を務める野田 前総理大臣に伝えました。

志位氏は記者会見で、「安倍政権に代わる『野党連合政権』を実現するため、丁寧に話し合いをしていきたい」と述べました。

共産党は、今後、国民民主党などにも説明し、野党間の連携強化につなげたい考えです。