天皇陛下 五輪・パラ延期でお気持ちを示す

天皇陛下 五輪・パラ延期でお気持ちを示す
新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、東京オリンピック・パラリンピックが1年程度延期されることについて、大会の名誉総裁を務める天皇陛下は、延期の決定を尊重し、大会が選手や観客にとって安全に開催されることなどを願う気持ちを示されているということです。
これは26日、天皇陛下の側近の一人が明らかにしたもので、それによりますと、天皇陛下は大会の名誉総裁として延期の決定を尊重する立場だということです。

そして、大会が、選手や大会関係者、それに観客にとって安全に開催され、平和で友好の輪が広がるものになることを願う気持ちを示されているということです。

天皇陛下は、また、大会の延期に伴って、多くの関係者に新たにさまざまな苦労が生じることについても気遣われているということです。