硫黄島の戦いから75年 1万人以上の遺骨の収集が課題

硫黄島の戦いから75年 1万人以上の遺骨の収集が課題
日米双方でおよそ2万8000人が戦死した太平洋戦争末期の激戦、硫黄島の戦いで、旧日本軍の組織的な戦闘が終わってから26日で75年です。硫黄島では今も日本側の犠牲者の半数以上にあたる1万人以上の遺骨が見つかっておらず、手がかりが少なくなる中、どのように遺骨収集を進めていくかが課題となっています。
小笠原諸島の硫黄島では太平洋戦争末期の昭和20年2月から3月にかけて日米で激しい戦闘が行われ、日本側でおよそ2万1900人、アメリカ側でおよそ6800人が戦死しました。

硫黄島の戦いは、75年前の3月26日、日本側の総指揮官を務めた栗林忠道中将が、残った兵力を率いて総攻撃を行い、旧日本軍の組織的な戦闘が終わりました。
戦後、硫黄島では、昭和27年度から国による遺骨収集が続けられていますが、今も日本側の犠牲者の半数以上にあたる1万1400人余りの遺骨が見つかっていません。

遺骨は、旧日本軍が持久戦のために構築した総延長18キロの地下ごうの中にあると見られていますが、出入り口などがふさがれ、場所が分からなくなっているということです。

このため、ボーリング調査やレーダーを使った地下の探査が行われていますが、海に面した崖などではこうした探査ができず、作業は難航しています。

また、当初は生存者の証言などを手がかりに遺骨を探していましたが、いまでは新たな証言を得るのが難しくなっているということです。

政府は戦没者の遺骨収集は国の責務だとしていて、具体的にどのように遺骨収集を進めていくかが課題となっています。

高齢で遺骨収集を断念 孫に語り継ぐ

硫黄島で遺骨収集を続けてきた遺族も高齢化し、現地での活動を断念する人も出てきています。

千葉県船橋市の原口利昭さん(78)は、硫黄島の戦いで父の伊利さんを亡くしました。父の遺骨は、今も見つかっていません。
出征した当時、2歳だった原口さんには、父の記憶がなく、父に抱かれて撮影した1枚の家族写真と、硫黄島から届いた18通の手紙だけが手元に残されています。
手紙には「子供の写真見て本当に元気百倍だ」「皆んな体を大事に」と、過酷な戦地にいながら家族を案じる思いが一面につづられています。

原口さんは「任務がつらいとかは一切書いていなくて、『元気か』『体を壊していないか』と、そのようなことばかりだった。南海の孤島にいても、子どものことを思って、どれだけ家族の元に帰りたかったんだろうと思う」と当時の心情を推し量ります。
原口さんは父の姿を追い求め、定年退職したあと遺骨収集や慰霊のため、25回にわたって硫黄島を訪れました。

そして、父の所属する部隊が配備されていた付近の地下ごうなどに入って遺骨収集をしましたが、父の遺骨や遺品を見つけることはできませんでした。

また、地下ごうの中は、火山活動のため地熱が高く厳しい環境で、高齢になった原口さんは、体調や持病のことを考え、おととしを最後に現地での活動を終えることを決めました。

原口さんは「長い間迎えに来られなかった、ごめんなさいという気持ちで遺骨収集をしてきた。亡霊でも幽霊でもいいから父に会えたらという思いだったがかなわなかった」と振り返りました。

それでも父や硫黄島の戦いのことを次の世代に伝えていきたいと、原口さんは、父の命日の今月17日、初めて、高校生と小学生の孫に話をしました。
原口さんは遺骨収集の写真や手紙を孫に見せながら「戦時中は、こういう洞穴の中に隠れていたけど、艦砲射撃で爆弾がどんどん落ちて、ほとんどの人が亡くなった。戦争は悲惨なものだ」と語りかけていました。

孫で、高校2年の荒川諒介さん(17)は「学校の授業でも手紙のような実物を見る機会はないので、同じ年代の子たちにももっと知ってもらいたい」と話していました。
原口さんは「実際に戦争を戦うのは一般の庶民で、そのことで、いかに多くの人が苦しむか、戦争がもたらすものがいかに悲惨なものか、孫たちに話して聞かせたい」と話していました。