イタリアに滞在し帰国 10代と20代の男性2人 感染確認

イタリアに滞在し帰国 10代と20代の男性2人 感染確認
k10012332871_202003152101_202003152119.mp4
イタリアに滞在し帰国した日本人男性2人が、羽田空港の検疫所で新型コロナウイルスへの感染が確認されました。2人はいずれも症状はありませんが、都内の病院に入院しています。
感染が確認されたのはいずれも日本人で、国内に住む10代と20代の男性2人です。このうち10代の男性は、イタリア北部に半年間滞在したあとドイツを経由して14日帰国しました。

また20代の男性は、今月2日から6日までイタリアのベネト州とエミリア・ロマーニャ州に滞在し、フランスのパリやアラブ首長国連邦のドバイを経由して、13日帰国しました。

2人とも、羽田空港に到着した際、発熱などの症状はみられませんでしたが、感染が急速に広がっているイタリア北部の滞在歴があったため空港の検疫所でウイルス検査を受けたところ、いずれも14日、感染が確認されました。

2人は東京都内の医療機関に入院したということです。イタリアから帰国した人で感染が確認されたのは4人となります。