IR汚職 野党側 秋元議員の証人喚問求める 与党側 慎重姿勢

IR汚職 野党側 秋元議員の証人喚問求める 与党側 慎重姿勢
k10012286681_202002150614_202002150616.mp4
IR=統合型リゾート施設をめぐる汚職事件で起訴され、保釈された秋元司衆議院議員は記者会見を開き、裁判で無罪を主張していく考えを強調しました。野党側は、証人喚問を求める方針なのに対し、与党側は慎重な姿勢で、協議が行われる見通しです。
IRをめぐる汚職事件で収賄の罪で起訴され、保釈された衆議院議員の秋元司被告は14日、記者会見を開き、「裁判では起訴された事実すべてを否認して無罪を主張していく」と述べるとともに、体調を整えたうえで、国会に出席する意向を示しました。
野党側は、立憲民主党の長妻代表代行が「無罪を主張するなら、国会の場で堂々と野党の質問に答えてもらう必要がある」と述べるなど、国会で説明すべきだとして、証人喚問を求めていく方針です。
これに対し、与党側は自民党の森山国会対策委員長が「公判が始まるので、立法府としては、それを見守るのが、1つの考え方ではないか」と述べるなど、裁判が控えていることなどから、証人喚問には慎重な姿勢で、与野党の間で協議が行われる見通しです。

一方で秋元議員に対する議員辞職勧告決議案については、与野党双方から、「推定無罪の原則から慎重であるべきだ」という声が出ています。