槇原敬之容疑者と知人男性の室内 双方から覚醒剤など見つかる

槇原敬之容疑者と知人男性の室内 双方から覚醒剤など見つかる
k10012286671_202002150510_202002150511.mp4
歌手の槇原敬之容疑者が知人男性と同居していたマンションで覚醒剤などを所持したとして逮捕された事件で、2人はマンションの室内を2つに分けて使っていて、双方のスペースから覚醒剤などが見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
歌手の槇原敬之容疑者(50)は、おととし当時の生活場所の1つで知人男性と2人で同居していた東京 港区のマンションで覚醒剤などを所持したとして13日、警視庁に逮捕されました。

捜査関係者によりますと、2人はマンションの室内を2つのスペースに分けて使っていましたが、おととし知人男性が警察官の職務質問を受け、覚醒剤を使用した疑いで逮捕された際に室内の捜索が行われました。

捜索の結果、知人男性と槇原容疑者の双方のスペースから覚醒剤などが見つかったということです。

知人男性は覚醒剤を所持・使用したとして、その後、起訴されました。

一方、槇原容疑者のスペースで見つかった覚醒剤はわずかな量だったことなどから、警視庁はおととしの時点では逮捕せずに捜査を続け、今回逮捕に踏み切ったということです。

警視庁は現在、尿の鑑定を進めるなど詳しい状況を調べています。