新型ウイルス フィリピンが台湾からの入国禁止を撤回

新型ウイルス フィリピンが台湾からの入国禁止を撤回
新型コロナウイルスの水際対策として、フィリピン当局が台湾を中国の一部とみなして入国を禁止し、台湾から撤回を求められていた問題について、フィリピン政府は14日、この措置を撤回したと発表しました。
今月10日、フィリピン政府は新型コロナウイルスの水際対策として、中国、香港、マカオに加え、「1つの中国」政策に基づいて、台湾についても入国を一時的に禁止することを決めました。

これに対して、台湾の外交部は「台湾は中国の一部ではなく、省でもない。中国の感染地域にも含まれておらず、台湾での感染はコントロールされている」として、入国を禁止した措置を撤回するよう求めていました。

これについてフィリピン大統領府は14日、「台湾が新型のコロナウイルスに対する厳格な措置を取っていることが確認された」として、この措置を撤回すると発表しました。

一方で、フィリピン政府が「1つの中国」政策に基づいて台湾への措置を取った事への言及はありませんでした。

また、今後、マカオについても、新型コロナウイルスの感染者の隔離など、適切な対応が取られていることが確認できれば、入国禁止を撤回する方針であることを明らかにしました。