広島 鈴木 チーム第1号のホームラン ロッテと練習試合

広島 鈴木 チーム第1号のホームラン ロッテと練習試合
k10012286471_202002142202_202002142202.mp4
プロ野球・広島は沖縄キャンプ2日目の14日、初めての対外試合でロッテと対戦し、鈴木誠也選手がチーム第1号のホームランを打って存在感を示しました。
昨シーズン、首位打者のタイトルを獲得した鈴木選手は4番で先発出場し、ロッテの唐川侑己投手と対戦しました。

そして第1打席の初球で137キロの速球をとらえて、チーム第1号となるホームランを打ち、主力としての存在感を示しました。

一方、先発した3年目の遠藤淳志投手は1回、2アウトからデッドボールとフォアボールでランナーを出すなど制球に苦しみました。

続く2回にはランナーを背負った場面で2者連続の三振を奪って見せ場も作りましたが、味方のエラーもあって3回2失点と、先発ローテーション入りへ課題が残る内容でした。

試合後、遠藤投手は「序盤は変化球が高めに浮いてしまった。もっともっと低めを意識して投げていきたい。試合の流れを作る先発の責任を感じたし、次は期待に応えられるピッチングをしたい」と話していました。