タイでまた発砲事件 男がビルに一時立てこもる

タイでまた発砲事件 男がビルに一時立てこもる
タイの首都バンコクの中心部で14日、男が銃を数十発、発砲したうえ、ビルに立てこもりました。タイでは先週末も、陸軍の兵士が銃を乱射し29人が死亡する事件が起きたばかりで、相次ぐ銃撃事件に政府への批判の声が上がっています。
現地時間の14日未明バンコク中心部にある店舗が立ち並ぶ地域でタイ人の40代の男が銃を発砲し、店舗などが入るビルに立てこもりました。

タイの警察がビルの周囲を取り囲んで説得にあたり、現地時間の午前10時半すぎ、男は建物の外に出てきたところで身柄を確保されました。

これまでにけが人はいないということです。

目撃者の話によりますと、ビルの周囲にいた人たちに向けて発砲したということで、警察の調べでは、合わせておよそ数十発に上るということです。

警察は男は仕事や家族との間で問題を抱えていたとしていて、事件の動機やいきさつを詳しく調べることにしています。

タイでは先週末、陸軍の兵士が銃を乱射し29人が死亡していて、相次ぐ銃撃事件にSNS上では「現政権では国が平和になっていない」といった投稿も出るなど政府への批判が上がっています。