安倍首相のやじ 自民 二階氏「思わず」公明 山口氏「冷静に」

安倍首相のやじ 自民 二階氏「思わず」公明 山口氏「冷静に」
衆議院予算委員会で、安倍総理大臣がやじを飛ばしたことについて、自民党の二階幹事長は、「思わず口走ったのだと思う」と述べる一方、公明党の山口代表は、冷静な対応を求めました。
新年度予算案を審議している衆議院予算委員会で、12日、立憲民主党の議員の質問が終わったあと、安倍総理大臣が「意味のない質問だ」とやじを飛ばしました。

これについて、自民党の二階幹事長は14日、記者会見で、「思わず口走ったのだと思う」としたうえで、野党側が求める謝罪については、「安倍総理大臣の判断にお任せすればいいのではないか」と述べました。
一方、公明党の山口代表は、記者団に対し、「挑発的な言動があったとしても、冷静に、真摯(しんし)に、誠実に対応していくことを一貫して心がけてもらいたい」と述べ、冷静な対応を求めました。