俳優の永瀬正敏さんも聖火ランナーに 愛媛県

俳優の永瀬正敏さんも聖火ランナーに 愛媛県
ことし4月、愛媛県内で行われる東京オリンピックの聖火リレーの新たなランナーに、愛媛県の観光大使も務めている、俳優の永瀬正敏さんが選ばれました。
東京オリンピックの聖火リレーは愛媛県内では、4月22日と23日に行われ、174組のランナーが合わせておよそ30キロを走ることになっています。

これまでに自治体の推薦したランナー52人が発表されていますがこれに加えて、愛媛県は13日、グループで走るランナーの1人として、俳優の永瀬正敏さんを選んだと発表しました。

実際に走る区間はまだ決まっていないということです。

永瀬さんは、日本と台湾の野球を通じた交流を描いた映画で松山市出身の高校野球の監督を演じたのをきっかけに県の「愛媛・伊予観光大使」も務めています。

中村知事は「永瀬さんには、本県のPRに多大な貢献をしてもらっており大変喜ばしく思っている」と話しています。

また永瀬さんは「大変名誉あることと、うれしく思っている。愛媛県の一層の盛り上げにお役に立てればと考えているので応援をよろしくお願いします」というコメントを寄せています。