クルーズ船「ウエステルダム」カンボジアで乗客下船始まる

クルーズ船「ウエステルダム」カンボジアで乗客下船始まる
k10012284971_202002141031_202002141033.mp4
新型コロナウイルスに感染した疑いのある乗客がいるとして、日本などが入港を認めなかったクルーズ船「ウエステルダム」は、入港を認められたカンボジア南部の港で、14日、乗客の下船が始まり、一部は首都プノンペンの空港から帰国の途についたということです。
クルーズ船「ウエステルダム」は、今月1日に香港を出港したあと、台湾や日本などに入港を認められず寄港先を探していましたが、13日夜、カンボジア南部シアヌークビルの港に入港しました。

クルーズ船には日本人5人を含む乗客乗員2200人余りが乗っていて、14日午前、カンボジアのフン・セン首相が出迎える中、乗客の下船が始まりました。

第1陣のおよそ120人は、大型バスで地元の空港に移動したあと、チャーター機に乗り込み、首都プノンペンの空港に到着しました。

空港当局者によりますと、一部の乗客は、空港からそのまま帰国の途についたということです。

ほかの乗客たちも順次、下船する見通しで、クルーズ船の運航会社は、下船が完了するまでには数日かかるとしています。

保健当局は、クルーズ船で体調を崩していた20人の検査を行ったところ、新型コロナウイルスへの感染は確認されなかったとしています。

一方、日本人5人の下船はこれまでのところ確認されていませんが、現地の日本大使館は引き続き下船したかどうか確認を進めながら、帰国に向けた支援を行うことにしています。

下船した乗客 安どと感謝の声

クルーズ船「ウエステルダム」から下船した乗客からは、ようやく上陸できたという安どの声やカンボジア政府への感謝の声が聞かれました。

このうち、乗客の男性の1人は「カンボジア政府が入港を許可してくれたので家に帰ることができます。とてもうれしいです」と話していました。

一方、アメリカ人の男性は、「カンボジアが私たちを解放してくれた。アメリカ領のグアムでさえ上陸させてくれなかったのに、カンボジアは認めてくれた」と述べ、自国の対応への不満を示唆しました。

茂木外相「日本人の乗客・乗員は健康」

香港発のクルーズ船「ウエステルダム」に乗っている日本人について、茂木外務大臣は記者会見で「日本人は、乗客4人、乗員1人の合わせて5人で、いずれも健康状態に問題はないと聞いている。カンボジアの日本大使館員が現地のJICA=国際協力機構の専門家と連携して、情報収集や支援を行っている」と述べました。