五輪 新型ウイルスでの「中止や延期は検討せず」組織委 森会長

五輪 新型ウイルスでの「中止や延期は検討せず」組織委 森会長
k10012283461_202002131213_202002131215.mp4
東京オリンピックの準備状況を確認するIOC=国際オリンピック委員会と大会組織委員会による事務折衝が始まり、森会長は感染が拡大している新型のコロナウイルスについて対応を進める方針を改めて示し、「東京大会が中止されるなどと無責任なデマが流されたが、中止や延期は検討していない」と強調しました。
この事務折衝は、東京オリンピックに向けてIOCと組織委員会が準備状況を確認するもので、13日と14日の2日間、都内で行われます。

会議の冒頭、IOCで東京オリンピックの責任者を務めるコーツ調整委員長があいさつし、感染が拡大している新型のコロナウイルスについて「大会の予想外の課題だ」と指摘しました。

そのうえで、「すべてのアスリートや日本にやってくる方々が影響を受けることがないよう必要な警戒が行われているかを確認したい」と述べ、大会に向けて組織委員会や国、それに東京都がどのような対応を進めているか聞き取る方針を示しました。

これに対し、組織委員会の森会長は、「SNSで東京大会が中止されるなどと無責任なデマも流されたが中止や延期を検討していないことをはっきりと申し上げる」と強調したうえで、「対策本部を立ち上げ、感染予防情報の共有などを進めているところで、冷静に対応していきたい」と述べました。

事務折衝ではこのほか、札幌で行われることになったマラソンと競歩の準備状況の確認や移転に伴う追加経費の負担の在り方などについても協議されることになっています。