社会

新型コロナウイルス 神奈川の80代女性死亡 感染者死亡は国内初

神奈川県に住む80代の女性が死亡し、新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。国内で新型コロナウイルスの感染者が死亡したのは初めてです。
厚生労働省によりますと、神奈川県に住む80代の日本人の女性は、先月22日に体調が悪くなり、今月1日、医療機関で肺炎と診断され、入院しました。そして12日、症状が悪化し、13日死亡したということです。

この女性について検査した結果、13日、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたということです。国内で新型コロナウイルスの感染者が死亡したのは初めてです。

女性は海外への渡航歴はなかったということで、厚生労働省は感染経路などについて詳しく調べることにしています。

また厚生労働省は、東京都の70代の日本人の男性が新型コロナウイルスに感染していることが新たにわかったと発表しました。

男性はタクシー運転手で、先月29日に発熱を訴え、その後、検査を受けたところ、13日、感染が確認されたということです。

男性は発症する前の14日以内に中国の湖北省や浙江省に滞在したことはなかったということで、厚生労働省は感染経路などについて詳しく調べることにしています。

加藤厚生労働大臣は「高齢者、基礎的疾患のある方は重症化しやすいので、症状があれば適切に、帰国者・接触者相談センターや外来を通じて、必要な治療を受けてもらいたい。せきエチケット、手洗いにしっかり取り組んでもらい、人混みは避けてもらいたい」と述べました。

このほか和歌山県の50代の日本人の外科医の男性と、千葉県の20代の男性が新たに感染したことが確認され、国内で感染が確認されたのは、
▽クルーズ船の218人、
▽検疫官1人、
▽チャーター機の12人、
▽それ以外の観光客などが20人の
合わせて251人となりました。

専門家「感染症の広がりを最小限に」

国内で初めて死亡した人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかったことについて、感染症対策に詳しい神戸大学の岩田健太郎教授は、「高齢者が感染した場合、死に至るケースは、海外で報告されていたので、予見はされていた。感染症の広がりを最小限に食い止める取り組みが引き続き必要だ」と述べました。

また、いつ誰から感染したか分からない東京都のタクシー運転手の男性や和歌山県の医師で感染が確認されたことについて、「可能な限り、患者に接触した人たちを追跡することで、感染ルートの特定につながる可能性はある。調べることが大事だ」と話しています。

死者の確認は中国以外では3人目

NHKのまとめでは、中国以外で、新型コロナウイルスに感染した人が確認されているのは27の国と地域で、感染した人の数はあわせて581人となっています。

このうち、死者が確認されたのはフィリピンで1人、香港で1人で日本での死者が3人目となります。

フィリピンでは、中国の湖北省武漢から香港を経由して入国し、中部のセブ島を訪れていた44歳の中国人の男性が新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、重い肺炎の症状が出て、今月1日、死亡しました。

また香港では、39歳の男性が湖北省武漢を訪れたあと発熱などの症状を訴え、新型コロナウイルスに感染していたことがわかり、今月4日、死亡しました。

日本での死者は、これに続き3人目となります。

特集

データを読み込み中...
データの読み込みに失敗しました。