新潟の112歳「世界最高齢の男性」に認定

新潟の112歳「世界最高齢の男性」に認定
k10012282721_202002121914_202002121915.mp4
新潟県上越市に住む112歳の国内最高齢の男性が12日、世界最高齢の男性としてギネス世界記録に認定され、認定証が贈られました。
上越市の渡邉智哲さんは、明治40年3月生まれの112歳で、これまで「世界最高齢の男性」として、ギネス世界記録にも認定されていた北海道の男性が去年1月に113歳で亡くなったことから、国内最高齢の男性となっていました。

渡邉さんは今回、新たに「世界最高齢の男性」としてギネス世界記録に認定され、12日、入所する施設で認定員から認定証が贈られました。

会場には渡邉さんが得意の習字で書き上げた「世界一」という文字の掛け軸が飾られ、渡邉さんは家族からオレンジ色の花束を渡されると笑顔で受け取っていました。

また、甘いものが大好きな渡邉さんに、家族から「ちてつおじいちゃん世界一おめでとう」と書かれたカステラも贈られ、おいしそうに食べていました。

渡邉さんはギネス世界記録に認定された感想を聞かれると、「おめでとう」と答え、長寿の秘けつは「笑うこと」と話していました。

最後に若い世代に向けてメッセージを求められると「頑張れ」と両手を広げながらエールを送っていました。