粗大ゴミから1100万円以上の紙幣 愛知 豊田

粗大ゴミから1100万円以上の紙幣 愛知 豊田
k10012282671_202002122029_202002122030.mp4
11日、愛知県豊田市のゴミ処理施設で、一般家庭から持ち込まれた家具など粗大ゴミの中から、総額で1100万円以上の紙幣が見つかり、市は拾得物として警察に届け出ました。
豊田市によりますと、11日午後、市が運営するゴミの処理施設「グリーン・クリーンふじの丘」で、粗大ゴミの中から金属を分別する作業を専用の車で行っていたところ、大量の紙幣が見つかりました。

紙幣は銀行などの封筒10袋ほどに入った状態で見つかり、一万円札が1118枚、五千円札が15枚、千円札が15枚で、総額は1127万円に上るということです。

帯封がついた札束もあり、平成19年まで発行され、角度を変えると色や模様が変化するホログラムなどの偽造防止技術が取り入れられる前の旧一万円札や、夏目漱石の肖像が描かれた旧千円札も含まれているということです。

この施設では家庭で出る金属ゴミのほか、家電製品や家具など粗大ゴミの処理を行っていて、11日は一般の家庭から直接持ち込まれたおよそ100件の処理を行っていたということです。

市は警察に拾得物として届け出を行い、警察は持ち主が現れるまで3か月間は紙幣を保管するということです。

発見者「どこに入っていたか見当つかない」

紙幣を最初に発見した、ゴミ処理施設「グリーン・クリーンふじの丘」の鈴木正吾さんは「初めてのことでびっくりしました。当時、処理していたのはこたつやイスなどで、タンスのような引き出しがある家具はなかったので、どこに紙幣が入っていたのか見当がつきません」と話していました。