プロ野球 野村克也さん死去 84歳 戦後初の三冠王

プロ野球 野村克也さん死去 84歳 戦後初の三冠王
k10012280931_202002141252_202002141253.mp4
プロ野球で戦後初の三冠王に輝いた名キャッチャーで、監督としても日本一に3回輝いた野村克也さんが11日、虚血性心不全のため亡くなりました。84歳でした。
野村さんは京都府出身、昭和29年に峰山高校からテスト生でソフトバンクの前身、南海に入団しました。昭和36年から8年連続でホームラン王を獲得し、昭和40年には戦後初の三冠王に輝きました。

「打ってよし守ってよし」の球史に残る名キャッチャーとなり、選手兼任監督としても8年間チームを率いて昭和48年にはリーグ優勝を果たしました。

その後、ロッテと西武でプレーし、昭和55年に45歳で現役を引退しました。

通算3017試合出場は、平成27年に中日で選手兼任監督だった谷繁元信さんが更新するまで長年にわたってプロ野球記録でした。

また通算2901安打、ホームラン657本、1988打点はいずれも歴代2位で、平成元年に野球殿堂入りしています。
翌年の平成2年にヤクルトの監督に就任し、データを重視した「ID野球」をチームに植え付けて3回の日本一に導くなど手腕を発揮しました。

その後、阪神や楽天で監督を務め、「ぼやき」と呼ばれる独特の話しぶりで選手をしった激励し、平成21年にユニフォームを脱いだあとは解説者として活躍しました。

野村さんは3年前に亡くなった妻の沙知代さんとのおしどり夫婦として知られ、去年12月にはNHKの番組で沙知代さんの存在が選手時代そして現役引退後も「自分が苦境になったときに前向きなことばをかけて後押ししてくれる存在だった」と話していました。

また先月行われた金田正一さんをしのぶ会には車いすに乗って出席していました。

楽天などによりますと、野村さんは11日午前2時すぎに自宅から救急車で病院に搬送されましたが、午前3時半、虚血性心不全のため亡くなりました。84歳でした。

「ONがひまわりなら私は月見草」

野村さんの現役当時、パ・リーグは人気でセ・リーグに大きく水をあけられていました。また長くプレーした南海も本拠地がある大阪でセ・リーグの阪神と比べて存在感が薄いことを嘆いていました。

また戦後初の三冠王を達成するなど輝かしい実績をあげていた野村さんは自分自身がどんな大記録を打ちたてても報道の扱いが小さく、世間に知られることが少ないとも感じていました。

とりわけ球界の盟主・巨人、その中心的な存在のON、王貞治さん、長嶋茂雄さんへのコンプレックスを終始、持ち続け、それが野村さんにとって高みを目指し続ける大きな動機付けになったといいます。

野村さんが長嶋さん、王さんとの関係性をあらわしたことばに「王や長嶋がひまわりなら、私はひっそりと咲く月見草」というのがあります。これは昭和50年に野村さんが王さんに次いでプロ野球史上2人目となる600号ホームランを打った時に報道陣に向けて披露しました。夜中にひっそりと咲く月見草が自分で、太陽の下で咲くひまわりを長嶋さん、王さんに例え、境遇の違いをわかりやすく示したのです。

ソフトバンク 王球団会長「同じ時代を戦い抜いた戦友」

野村克也さんが亡くなったことについてソフトバンクの王貞治球団会長は「先月、金田正一さんのお別れ会でお会いしたときは車いすだったけど元気だったからまさかと思った。同じ時代を悪戦苦闘して戦い抜いた戦友なので、本当に残念です」と話しました。

野村さんとの思い出については「リーグが違ったのであまり一緒に野球をすることはなかったけれど、野村さんの家にお邪魔していろいろとごちそうになったり野球の話をしたりして、なんでも話せたし、一緒に過ごす時間は楽しそうにしてくれました」と振り返りました。

また、野村さんが現役時代、相手チームを惑わせた「ささやき戦術」については「なんかぶつぶつ言っていて、聞こえたけれど気にしなかった。それを聞いているようではバッティングできないし、引っ掛かっているようじゃ結果は出せない」と話しました。

そのうえで「私は感覚的に野球をやっていたけれど、野村さんは感覚プラス頭脳的な野球をやっていたので、選手としても監督としても成功したのだと思う。本当に残念だけど、金田さんと昔話でもしてほしい」と野村さんの死を悼んでいました。

巨人 長嶋終身名誉監督「一瞬 ことばを失った」

野村克也さんと現役時代にはライバルとして、引退後は同じ監督として長年ともにプロ野球界を引っ張った巨人の長嶋茂雄終身名誉監督は訃報を受け、球団を通じてコメントを出しました。

この中で長嶋さんは「驚いた。テレビのニュース速報で訃報を知ったが、一瞬、ことばを失った。ノムさんとは3週間前に行われた『金田さんのお別れの会』で顔を合わせたばかりだったから。久しぶりに2人で2、3分間ぐらい会話しただろうか。その時のノムさんのことばが忘れられない。『おい、頑張ってるか。オレはまだ生きてるぞ。まだまだ頑張るぞ』。だから私も『お互い頑張ろう』と話したばかりだった」と先月の金田正一さんのお別れの会で交わしたやり取りの一端を明かしました。

また野村さんとの若き日の思い出について「まだ現役だった1963年、ノムさん、稲尾、王の4人で、イタリア、フランスなどを巡るヨーロッパ旅行に出かけたことがある。観光地を回りながら、いろいろな話をして、とても楽しかったことをきのうのことのように覚えている」と振り返りました。
そして最後に「また大切な野球人を失ってしまった。しかしノムさんが残した偉大な功績と野球への底知れぬ愛は、これからも永遠に生き続けるはずだ。今後は天国からしっかりと野球界を見守ってほしい。心よりお悔やみ申し上げます」と別れのことばをつづりました。

古田敦也さん「厳しい指導あったからこそ今がある」

野村克也さんのヤクルト監督時代に日本を代表するキャッチャーに育てられた古田敦也さんは「足の調子が悪いと聞いていたが、いろいろなメディアにも出て元気にされていると思っていたので本当に驚いた」と話しました。

そして「『野球は頭でするものだ』というのが野村監督の教えだった。『事前の準備などをやっていけば弱いチームでも勝てるチャンスがある』ということを非常に粘り強く教えてもらった」と振り返りました。

また「『ID野球』などとよく言われているが、監督自身は熱くなり、非常に負けず嫌いで声を荒らげて怒ることもあった。『何とか監督の言っていることを実践できるように』と思いながら、必死で食らいついていた」と話しました。

そのうえで「勝ったときにたまに『ナイスリード』と言ってもらえ、最上級の褒めことばなので非常にうれしかった。プロ野球の1年目から野村監督で『キャッチャーとはこういうものだ』など本当にいろいろ教えていただいた。ときに厳しい指導があったからこそプロで活躍できたと思うし今があると思う」と話しました。

ヤンキース田中「監督の指導 野球人生で最大の幸運」

野村克也さんが楽天の監督を務めていた2007年に楽天に入団し、3シーズンにわたって指導を受けたヤンキースの田中将大投手は「突然の訃報にことばが出ません。野村監督には、ピッチングとは何か、そして野球とは何かを一から教えていただきました。プロ入り1年目で野村監督と出会い、ご指導いただいたことは、僕の野球人生における最大の幸運の1つです。どんなに感謝してもしきれません」と話し、恩師が亡くなったことを悼みました。

若松勉さん「意表をついた指揮」

野村克也さんが亡くなったことについて野村さんの後にヤクルトの監督を務めた若松勉さんは、「先月のヤクルトのOB会で会った時に元気だったので、まさかこんなに早く亡くなるとは思わなかった。びっくりした」と話しました。

また野村さんがヤクルトの監督だった時に打撃コーチを務めたことを振り返り「打てなかったら夜中までデータを調べてこいと言われた思い出が結構あり、配球などについて厳しかった。大監督で野球をよく知っていて意表をついた指揮ができた。監督としての考えは一緒にいてびっくりするぐらいだった。本当にまだまだ長生きしてほしかった」と話していました。

稲葉監督 教え胸に東京五輪へ決意

ヤクルトで、当時監督だった野村克也さんにプロ入りから4年間指導を受けた野球日本代表の稲葉篤紀監督は、宮崎市でソフトバンクのキャンプを視察した際に取材に応じました。

稲葉監督は「本当にまさかということで非常にびっくりしている。野村監督はプロ1年目から、社会人として、野球人として、私をここまで育ててくださった方なので、非常に残念に思うし心からお悔やみ申し上げたい」と沈痛な表情で話しました。

そして「野村監督にはたくさんいろんなことを教えていただいたので、それを思い返しながらもう一度、野球というものにしっかり向き合いながら、このオリンピックをどうやって勝っていけばいいか考えていきたい」と野村監督の教えを胸に東京オリンピックへ臨む決意を示しました。

ヤクルト 高津監督「またぼやいてほしかった」

野村さんがヤクルトの監督のときに指導を受け、今シーズンからチームの指揮を執る高津臣吾監督は「けさ亡くなったと聞き、ことばにならなかった。プロ野球の難しさ、厳しさを教わった。またぼやいてほしかったし、まだまだ教わることはたくさんあった」と時折、涙を浮かべながら話しました。

現役時代は野村監督のもとで抑えとして起用され、その後、球界を代表するまでに成長したことを踏まえて「最近は会えば必ず、『抑えにして悪かったな』とばかり言われていた。抑えになってからは1回も厳しく怒られたこともないし、楽しいこともすばらしいこともたくさん経験させてもらった。すべてが思い出」と振り返りました。

そして、ヤクルトの監督として迎える今シーズンについて「先月行われたヤクルトのOB会で『最下位からのスタートなので気楽に、思い切ってやりなさい』と声をかけられた。ヤクルトのことを愛してくれていて、われわれのことを本当に思ってくれていた野村監督なのでぜひ野村監督の思いに応えられるようなすばらしいシーズンにしたい」と話していました。

楽天 石井GM「いつも小言 親のような方」

野村克也さんがヤクルトの監督だった当時、新人の頃からピッチャーとしてプレーした楽天の石井一久ゼネラルマネージャーは「プロ野球でいちばんお世話になったかたで、野球の原点を教えてもらいました。亡くなったと聞いてすごくショックでした。僕の野球のすべての始まりが野村元監督だったので、恩返しができただろうかと自分を振り返りました」と話しました。

そのうえで「あまり僕のことを褒めてくれることはなく、いつも小言を言ってくれる親のような方でした。ありきたりですが、『ありがとうございました』と心の底から伝えたい」と感謝の気持ちを述べました。

また、楽天のゼネラルマネージャーとして「いまは『データ野球』がはやっているが、野村元監督からはデータになる前の試合中の選手の心境など精神面の教えを受けた。大事にしていろいろなことに役立てていきたい」と話しました。

ロッテ 吉井コーチ「ゆっくり休んでほしい」

ヤクルトで当時監督だった野村克也さんのもと3年間プレーし、2回の日本一を経験したロッテの吉井理人投手コーチは「近鉄からヤクルトにトレードで移籍した際、それほど活躍していなかった自分を一人前扱いし、信頼して使ってくれたことが今も心に残っている。ことばとは裏腹に、選手をすごく大事に思って起用してくれたし、モチベーションの上げ方がうまい人だったと自分がコーチになってから気がついた。ずっと野球一筋でやられてきたので、ゆっくり休んでほしい」と話していました。

西武 辻監督「西武と違った野球観教えていただいた」

野村克也さんがヤクルトの監督だった時期に、西武を退団して平成8年から3年間、野村監督のもとでプレーした西武の辻発彦監督は、野村さんが亡くなったことについて「妻の沙知代さんが亡くなられて体的にも精神的にも元気がないという印象を受けていたが、その後もテレビなどを通じて姿を拝見していたので、あまりにも驚きました」と話しました。

そして、野村さんが監督だったヤクルト時代の3年間について、「高卒1年目の選手でも私のようなプロ10年以上の選手でも一緒にミーティングで野村さんの話を聞いて、メモを取り、一緒に野球をさせてもらった。選手としても使っていただいて西武と違った野球観を教えていただいた」と振り返りました。

そして「野村さんは選手一人一人のことを考えていた。指導者としての部分でもいろんなことを教わり、いまに生きることもたくさんある。本当に勉強させてもらった」と話していました。

中日 与田監督「苦しかった時代 教えを説いてくれた恩人」

中日の与田剛監督は、野村克也さんが阪神の監督を務めていた平成12年に入団テストを受け阪神に入団し、野村さんから指導を受けました。

自身の現役最後の監督となった野村さんが亡くなったことについて与田監督は、沖縄県北谷町で行われているキャンプの全体練習後に報道関係者の取材に応じ「けさ、ウォーミングアップの最中に聞いてとても驚いた。阪神にいた頃、自分が苦しかった時代にいろいろな教えを説いてくれた恩人なのでとても残念だ」と話しました。

そして、同じ監督という立場になって改めて野村さんの教えを思い出すことも多いとしたうえで、「野村さんにいただいたいろいろなことばが今でも頭の中にあるが、特に『時間はみんな平等にある』ということばは、今でもよく思い出す。こうしたことばを継承していけるように中日の選手たちにも伝えていきたい」と恩師の死を悼みました。

宮本慎也さん「監督姿見せられなかった」

野村さんがヤクルトの監督時代に指導を受けた宮本慎也さんは「去年11月ごろにお会いして元気そうだったので信じられない。自分がここにいること自体が野村監督のおかげ以外の何ものでもなく、本当に大恩人です。野球界にとってもまだ必要な方だと思うので、もうちょっと頑張っていただきたかった」と話しました。

そのうえで、「厳しい中に優しさがあった。野村監督が辞める年の残り数試合でホームランを打ったとき、『勘違いするなよ』と言われた。最後の最後までほめないんだなと思った」としみじみと振り返りました。

そして「いつも『はよ監督せい』とおっしゃっていただいたので、残念ながらその姿を見せられなかった。あまりにも突然すぎてまだ気持ちの整理はついていないがこれからしっかり勉強していきたい」と話していました。

谷繁元信さん「同じポジションの後輩として思い受け継ぐ」

現役時代、野村さんと同じキャッチャーで活躍し、中日で監督も務めた谷繁元信さんは、「先月、金田正一さんのお別れ会でお会いして、姿を見ていたので亡くなったと聞いてことばが出ませんでした」と話していました。

また現役時代、野村さんの出場試合数の記録を塗りかえたことについては、「なんとか野村さんの記録を抜きたいという思いでやっていた。野村さんはすごく野球を愛した方なので、同じポジションの後輩として思いを受け継いでいきたい」とことばを絞り出しながら話していました。

ソフトバンク 工藤監督「僕の野球観 養う上でのすべて」

野村克也さんが亡くなったことについて、ソフトバンクの工藤公康監督は「解説者をしているときに野村さんにお会いし、『早くユニフォームを着て若い人たちを育てなさいとか、もっと野球を学びなさい』と言っていただいた。現役の時から野村さんの本をすべて読んで、配球のことを勉強したり、バッターのことを勉強したり、僕の野球観を養う上でのすべてでしたので、本当にたくさん勉強させていただいていて、それが今、役立っていると思います」と振り返りました。

そして「常に周りの人に気を配り、野球界のことを考えていた方なので僕自身もいろいろ聞いて勉強したかったですし、学びたいこともたくさんあったので、本当に残念です」と話していました。

日本ハム 栗山監督 「ミーティングのノートがベースに」

ヤクルトでの現役時代に野村克也さんの指導を受けた日本ハムの栗山英樹監督は「どうことばにしていいのか、難しいです。現役時代、僕自身は1回もほめてもらえず野村さんに『なんかお前、頑張っているやないか』と言ってもらうためにこれまでやってきました。自分が前に進む姿を見てもらいたかった」と目を潤ませていました。

思い出を問われると、「いつも思い出すのは東京ドームの監督室で監督に呼ばれて、すごく怒られたことです。今の室内が昔とあまり変わっていないので、自分が監督としてその場にいると立たされたことを思い出します。叱られたことはとても大事なことで、それだからこそ今もこれからもずっと努力しないといけないと思えます」と話していました。

そして、野村さんが野球界に残した功績については「自分は野村さんのもとでつけたミーティングのノートがベースになっています。野村さんは配球なども含めて野球界のみんなが何となく知っていることをすべて整理してくれました。それは今の野球界全体のベースにもなっています」とたたえていました。

息子の克則さん「偉大な存在 息子であったこと誇りに」

野村さんが亡くなったことを受けて、息子で楽天のコーチを務める野村克則さんは、都内の自宅前で報道陣の取材に応じました。

克則さんは「急すぎて実感がなく、受け入れられないところはある。ふだんの生活は元気に過ごしていた。残してくれたものはすごい財産なので、今後は何らかの形で野球に生かしていけたらと思う」と話しました。

そのうえで、ヤクルトなどで監督と選手として一緒のチームにいたことを踏まえ、「親子で一緒にできたことがいちばんの思い出だ。ひと言で言えば偉大な存在で、その息子であったことを誇りに思う。選手の時もそうだが、コーチでも一緒で、すべてがいい思い出で、すべてが自分にとっては財産だと思う」と目に涙を浮かべながら話しました。

最後に話をしたのはキャンプの前だったと言うことで「厳しい戦いになるな、頑張れと送り出してもらった。いつもの柔らかい表情だった」と話しました。

また克則さんの母親で、3年前に亡くなった妻の沙知代さんと野村さんの思い出について「これ以上ないコンビだったと思う。母が亡くなったときはかなり落ち込み、気持ちが前に向かないこともあったが、野球があったことで仕事をしながら、思い出すと寂しいなと言っていた。いまは2人でいるんじゃないかと思う」と話していました。

兄の嘉明さん「残念としか言いようがない」

野村克也さんが亡くなったことについて、京都市西京区に住む兄の野村嘉明さん(87)は「『救急車で運ばれた』という連絡がきょう午前2時すぎにあり、『亡くなった』と午前3時半ごろに聞きました。残念としか言いようがありません」と話しました。

克也さんの子どもの頃について「小学生のころから野球のセンスが抜群でした。おふくろに『私が就職する代わりに、弟には高校くらい卒業させてほしい』と懇願し高校に通わせました。よく頑張っていたと思います」と振り返りました。そのうえで「おふくろを支えるために2人で頑張ってきました。弟が成功してくれたおかげで楽になったので、いい弟だったと思います。『安らかに眠ってください』と言いたい」と話していました。

ヤクルト キャンプ地沖縄で半旗を掲げる

野村さんが監督を務めたヤクルトは午後1時すぎ、キャンプ地の沖縄県浦添市で練習を一時中断し、選手、監督、コーチ、それにスタッフ全員が整列しておよそ1分間、黙とうをささげました。そして球場に半旗を掲げて、野村さんの死を悼みました。

楽天 三木監督や選手 キャンプ地沖縄で黙とう

プロ野球・楽天は、監督として球団初のクライマックスシリーズ進出に導いた野村克也さんが亡くなったことを受けて、三木肇監督や選手などがキャンプ地の沖縄で黙とうをささげました。

楽天の1軍の選手たちは11日から沖縄県の金武町で2次キャンプに入っています。監督として、平成21年に球団初のクライマックスシリーズ進出に導いた野村さんが亡くなったことを受けて、午後1時、安部井寛チーム統括本部長が報道陣の取材に応じ「野村さんにはチームの土台を作っていただき選手はもちろん、球団スタッフにも愛情を持って育てていただいた」とその死を悼むとともに感謝の思いを述べました。

キャンプ地のスタジアムには半旗が掲げられ、チームは練習を一時中断し、三木監督をはじめ選手やスタッフがホームベースの後方に並んでおよそ1分間、黙とうをささげました。

楽天 三木谷社長「イーグルスの礎を築いた」

野村克也さんが死去したことについて、楽天の三木谷浩史社長は11日午前、ツイッターに「早朝に球団より、とても悲しい訃報を受けました。本当にお世話になりました。誰も引き受けてくれなかった駆け出し球団の監督を引き受けて頂き、イーグルスの礎を築いて頂きました。感謝しかありません。ありがとうございました」と投稿しました。

楽天の本拠地 仙台では…

プロ野球・楽天でも監督を務めた野村克也さんが亡くなったことについて、楽天の本拠地がある仙台市でも悼む声が聞かれました。

54歳の男性は「亡くなったことを知って非常に驚きました。歩く姿など、とても愛きょうがあって好きな監督でした。『ID野球』で今の楽天の主力選手を育て上げたのも野村さんの力だと思います」と話していました。

また58歳の男性は「ソフトバンクの前身の南海時代からのファンだったので1つの時代が終わったようでさみしい気持ちです。野村さんはチームに優勝を呼び込んでくれる印象で田中将大投手など選手の育成もうまかったと思います。これまで日本の野球のために尽力してくれてありがとうと伝えたいです」と話していました。

阪神ファン「タイガースをよみがえらせてくれた大恩人」

野村さんがかつて監督を務めたプロ野球、阪神の地元、兵庫県西宮市の甲子園球場の周辺では、阪神ファンから驚きや惜しむ声が聞かれました。

57歳の男性は「勝てなかった阪神タイガースをよみがえらせてくれた大恩人で2003年と2005年に優勝したチームの地盤を築いてくれました。阪神ファンは野村監督に足を向けて寝られません。亡くなって寂しいです」と話していました。

甲子園球場の近くにすむ50歳の夫婦のうち妻は「夫がスマートフォンで野村さんが亡くなったことを知り、叫んでいました。言いたいことをはっきり言うところが好きでしたが、亡くなってしまい寂しくなります」と話していました。

また、夫は「捕手出身の監督として試合運びや選手起用、それに、指導なども立派で解説者としても次は何を言ってくれるのだろうと人を引き付ける魅力的な方でした。天国に行っても妻の沙知代さんと仲よくしてほしいです」と話していました。

「監督能力の高さ 当代一流」

野村克也さんが亡くなったことについて、東京 渋谷で聞きました。

73歳の男性は「当時のトップではなく中から下のチームに行って、日本一に引き上げるというのは、監督としての能力の高さが当代一流だったと思う。一方、知将というわりにはとぼけた味があって、語りはソフトで軟らかく、人心をつかむ術にたけていたと思う。奥様ともども世情をにぎわせて、昭和・平成という時代にトップで野球界を生き抜いた人でした」と話していました。