タイ 銃乱射 立てこもった陸軍兵士の男を射殺

タイ 銃乱射 立てこもった陸軍兵士の男を射殺
k10012278801_202002091216_202002091245.mp4
タイの東北部の都市で、陸軍兵士の男が銃を乱射しショッピングモールに立てこもっていた事件で、タイの政府当局者は日本時間の9日午前11時ごろ男を射殺したと明らかにしました。
タイの警察などによりますと、東北部の都市ナコンラチャシマで現地時間の8日午後3時半ごろ、タイ陸軍に所属する兵士の男が上官の住宅を襲撃し、上官らを射殺したあと、ショッピングモールとその周辺で銃を乱射しました。

男はその後、ショッピングモールの建物内に立てこもっていましたが、タイの政府当局者はNHKの取材に対し日本時間の9日午前11時ごろ、現地時間の午前9時ごろ男を射殺したと明らかにしました。

一方、現場の近くで軍や警察などが会見を開き作戦が終了したことを発表するとともに、これまでに少なくとも20人が死亡、42人がけがをしたことを明らかにしました。

しかし、男が人質を取っていたのかどうかなど詳しい状況については明らかにせず、このあとプラユット首相が記者会見を開いて詳細を明らかにするものとみられます。

警察はこの男について、地元の基地に所属する陸軍軍曹と特定していますが、大勢の人々に向かって銃を乱射した動機についてはこれまでのところ不明だとしています。