関東甲信 山沿いで雪 交通影響や路面凍結に注意

関東甲信 山沿いで雪 交通影響や路面凍結に注意
k10012260081_202001281002_202001281023.mp4
低気圧と寒気の影響で関東甲信では平野部でも一時、積雪となったところがありました。甲信の山沿いなどでは、昼前にかけて雪が降り続くほか、関東北部の山沿いでは28日の夜から29日の明け方にかけて、大雪となるところがある見込みで、気象庁は交通への影響や路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。
気象庁によりますと、前線を伴った低気圧と上空の寒気の影響で、関東甲信では27日の夜から平野部を含む広い範囲で雪となりました。

午前8時の積雪は、山梨県富士河口湖町で33センチ、神奈川県箱根町に国土交通省が設置した積雪計で23センチとなっています。

また、埼玉県熊谷市や前橋市で28日の明け方、1センチの積雪を観測するなど関東各地で平野部でも雪が積もりました。

甲信の山沿いなどでは昼前にかけて雪が降り続くほか、関東北部の山沿いでは28日の夜から29日の明け方にかけて、大雪となるところがある見込みです。

29日の朝までに降る雪の量は、いずれも多いところで
▽関東北部の山沿いで40センチ、
▽甲信で15センチ、
▽関東北部の平野部で10センチ、
▽箱根から多摩地方や秩父地方にかけてで8センチと予想されています。

気象庁は、交通への影響や路面の凍結などに注意するよう呼びかけています。

一方、低気圧の影響で東日本の太平洋側では、夕方にかけて海上を中心に非常に強い風が吹くおそれがあり、暴風や高波に警戒するよう呼びかけています。

また、関東や伊豆諸島では28日の夕方以降、大気の状態が不安定になって、局地的に雷を伴い1時間に30ミリ以上の激しい雨が降るおそれがあり注意が必要です。