大阪国際女子マラソン 松田瑞生が優勝 五輪代表へ大きく前進

大阪国際女子マラソン 松田瑞生が優勝 五輪代表へ大きく前進
東京オリンピックの女子マラソンの代表をかけた選考レースの1つ、大阪国際女子マラソンが行われ、松田瑞生選手が日本歴代6位の2時間21分47秒のタイムで優勝しオリンピックの代表に大きく近づきました。
東京オリンピックの女子マラソンの代表は去年9月のMGC=マラソングランドチャンピオンシップで2人が内定しました。

残る1人は大阪国際女子マラソンと3月の名古屋ウィメンズマラソンで、設定記録の2時間22分22秒以内のタイムをマークした選手のうち、最も記録がよかった選手が内定します。

26日のレースには松田選手をはじめMGCで3位だった小原怜選手、それに福士加代子選手と、有力選手が出場し、スタート直後から設定記録よりも大幅に速いペースで進みました。

17キロ付近で小原選手が、20キロ付近で福士選手が、それぞれ先頭集団から遅れる中、松田選手は先頭で集団を引っ張り、バーレーンの選手と2人で競り合う展開になった30キロすぎにスパートをかけました。

松田選手はそのまま先頭を譲ることなく自己ベストを30秒以上更新し、設定記録を大きく切る日本歴代6位の2時間21分47秒の好タイムで優勝しました。

このほか日本選手では、
▽山口遥選手が2時間26分35秒で7位、
▽田中華絵選手が2時間27分51秒で10位、
▽小原選手は終盤大きく遅れ2時間28分12秒で13位、
▽福士選手は25キロすぎに棄権しました。

「五輪へ 笑顔と腹筋を武器に」

松田選手は「うそみたいです。本当にうれしいです。ふだん泣かない監督とお母さんが泣いていたので頑張ってよかったと思いました」と笑顔で話しました。

そして「このレースで無理なら辞めていいと思うくらい練習を積んできたので、あとは楽しもうとスタートラインに立ちました。日本記録を目指して走っていたので、もう少しいいタイムを出したかったですが、勝つことができて最高に気持ちよかったし、大阪を選んでよかったです」とレースを振り返りました。

東京オリンピックに向けては「監督とともに行けることを願って、行けたら全力を尽くしたい。笑顔と腹筋を武器に頑張ります」と満面の笑顔で話していました。

松田 高地合宿で速いペースのトレーニング

東京オリンピックの代表に大きく前進した松田瑞生選手は大阪市出身の24歳。

初マラソンとなったおととしの大阪国際女子マラソンで優勝しました。

去年9月のMGCでは優勝候補の1人でしたが速いペースについていけず、4位に終わりました。

子どもの頃からの夢だったオリンピック出場にはみずからのベスト2時間22分23秒を更新するハイレベルなタイムが絶対条件となる中、松田選手はアメリカ・アルバカーキで高地合宿を行いました。

タイムが求められるレースに向け、設定記録より3分以上速い日本記録更新を目標にトレーニングを積み、1か月間で実に1300キロの走り込みを行いました。

「今まででいちばん走った」というほどの厳しいトレーニングで自信をつけた松田選手は、序盤から設定記録を大きく上回る日本記録に迫る速いペースでレースを引っ張りました。

松田選手は「想定よりも速かったが余裕はあった。中間点で記録が狙えると思った」と、スピードを緩めることなく30キロすぎにはスパートをかけて抜け出しました。

「きつかったがこのまま優勝したいと思ってスパートした。これまでにないほど練習をしたからこそ最後まで粘れた」

自分を追い込んだ猛練習は松田選手を裏切ることはなく、豪快なガッツポーズでフィニッシュラインを駆け抜けました。

しかし、レース後松田選手が口にしたのは意外にも反省のことばでした。

「日本記録を出さないと世界のトップ選手には勝てない。後半にペースが落ちてしまったことが課題なので、強化していけばもっといいタイムを出すことができると思う。もっと上を目指したい」

勝ってなお、みずからに高いハードルを課す松田選手。

オリンピックで戦う姿をイメージしながら、最後の選考レース、3月の名古屋ウィメンズマラソンの結果を待ちます。

日本陸連 瀬古氏 「堂々の走りでうれしかった」

日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダーは、優勝した松田瑞生選手について「最初は力が入りすぎていると思い、ハラハラしていたが、最後まで堂々の走りをしてくれて本当にうれしかった」と話しました。

そのうえで「高いレベルの設定記録を設けたことが今回の好タイムにつながった。3月の名古屋ウィメンズマラソンでも出場する選手にはオリンピックに絶対出るんだという気持ちでがんばってほしい」と話していました。

小原「勝負の世界は厳しい」監督は名古屋出場に否定的

MGCで3位に入り最後の代表にいちばん近かった小原怜選手は左足のアキレス腱を痛め、調整不足のなかレースに臨み13位に終わり、松田選手が設定記録を切るタイムを出したため代表争いから後退しました。

小原選手はリオデジャネイロオリンピックの選考レースでは1秒差で代表を逃し、MGCでも2位に4秒差で代表内定を逃していて、26日のレースのあと涙を流しながら「足の痛みはあったがここ1日、2日はよくなっていた。ただ、最初から体は動いていなかった。自分の力が足りず勝負の世界は厳しい」と振り返りました。

そのうえで最後の選考レースとなる3月の名古屋ウィメンズマラソンの出場については「白紙だ」として「東京オリンピック代表の補欠についてわずかな可能性があるならそれにかけてやっていきたい」と話しました。

所属先の武冨豊監督は名古屋ウィメンズマラソンの出場について「私は考えていない。本人が言ってもやりたくない」と話したうえで「オリンピックへの思いは強かったと思うがそこで戦うことがどれだけ厳しいことなのか、イメージがきちんとできず調整中も気持ちが折れる部分があった」と敗因を分析していました。

福士 「次に向けていいスタートにしたかったので棄権」

25キロすぎで棄権した福士加代子選手は最後の代表レースとなる3月の名古屋ウィメンズマラソンに挑戦する意向を明らかにしたうえで、「次に向けていいスタートにしたかったので棄権しました。10キロすぎまではすごくいいペースで、『このまま行ったら最高だな』と思いながら走っていましたが、まだ20キロを走る体しかできていないということですね」と振り返りました。

東京オリンピックの代表になるためには、26日優勝した松田瑞生選手がマークした2時間21分47秒を切らなければいけないことについては、「きょうのペースより速いということですよね。でも、やるしかないです」と笑顔で話していました。

最後の1枠は

東京オリンピックのマラソンの代表3人のうち、去年9月に行われた代表選考レース、MGCで男女2人ずつが決まり、最後の1枠はことし3月まで行われる対象レースの結果を受けて決まります。

MGCでは、本番で力を発揮できる高い「調整能力」が求められましたが、最後の1枠は「スピード」を重視し、国内で行われる男女それぞれ3つのレースで「派遣設定記録」を切った選手の中から、最も記録がよかった選手が選ばれます。

「派遣設定記録」は、男子が日本記録を更新する2時間5分49秒、女子が2時間22分22秒と、ハードルの高いタイムとなっています。対象レースは「MGCファイナルチャレンジ」と呼ばれ、男子が、先月行われた福岡国際マラソンのほか、ことし3月の東京マラソンとびわ湖毎日マラソン、女子が、先月のさいたま国際マラソンのほか、26日行われた大阪国際女子マラソンと、3月の名古屋ウィメンズマラソンです。

福岡国際マラソンとさいたま国際マラソンでは「派遣設定記録」を切る選手はいませんでしたが、26日の大阪国際女子マラソンで、松田瑞生選手が設定記録から30秒以上速い2時間21分47秒のタイムで優勝し、最後の代表に大きく近づきました。

女子は3月の名古屋ウィメンズマラソンで松田選手より速いタイムの選手がいなければ松田選手が代表に内定します。

また男子は、東京マラソンに日本記録保持者の大迫傑選手や前の日本記録保持者の設楽悠太選手など多くの有力選手が出場を予定していて激しい争いが予想されます。

仮に「派遣設定記録」を切る選手が出ない場合は、MGCで3位に入った大迫選手が代表に内定します。

東京オリンピックのマラソン代表は、MGCの結果、男子では中村匠吾選手と服部勇馬選手が、女子では前田穂南選手と鈴木亜由子選手が内定しています。