前橋スナック4人殺害 死刑囚が拘置所で死亡 自殺か

前橋スナック4人殺害 死刑囚が拘置所で死亡 自殺か
k10012259411_202001261939_202001261942.mp4
平成15年に前橋市のスナックで4人を殺害した罪などで死刑が確定していた住吉会系の元暴力団会長が、26日朝東京拘置所で死亡しました。関係者によりますと自殺とみられ、法務省が詳しい状況を調べています。
死亡したのは住吉会系の元暴力団会長の矢野治死刑囚(71)です。

矢野死刑囚は、平成15年に前橋市のスナックで4人が射殺された事件などで犯行を指示したとして殺人などの罪に問われ、平成26年に死刑が確定していましたが、法務省によりますと、26日朝8時前、収容先の東京拘置所の自分の居室で首を切って血を流しているのを職員が発見し、その後死亡が確認されました。

関係者によりますと、自殺とみられ、法務省が詳しい状況を調べています。

矢野死刑囚は死刑が確定したあと、ほかに男性2人を殺害したと告白する手紙を警察に送り、2人を殺害した罪で起訴されましたが、東京地方裁判所はおととし12月、「死刑執行を引き延ばすためにうその告白をする動機が十分にあり、信用できない」などと指摘し無罪を言い渡していました。