新型肺炎の患者 世界で2000人超に 中国国内の死者56人

新型肺炎の患者 世界で2000人超に 中国国内の死者56人
k10012259281_202001261207_202001261211.mp4
中国で新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、中国の保健当局は、患者が688人増え1975人となったと発表し、死亡した人の数も15人増えて56人になるなど感染拡大が収まらない事態が浮き彫りとなっています。患者は中国本土以外の13の国と地域でも確認され、患者の数は世界中で2000人を超えました。
中国の保健当局、国家衛生健康委員会は、新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が25日、688人増え、患者の数はチベット自治区を除く全国30の省や市などで1975人になったと発表しました。

患者のうち症状の重い人は324人に上っているということです。

また死亡した人は、感染の拡大が最も深刻な武漢を含む湖北省で13人増えて52人になったほか、河北省と黒竜江省に加えて、上海と河南省でも25日、それぞれ1人確認され、中国国内の死者は合わせて56人となりました。

患者は中国本土以外の13の国と地域で44人確認されていて、患者の数は世界中で2019人となり、2000人を超えました。

感染が拡大し続ける中、中国共産党の最高指導部は25日、この問題をめぐる直属の対策チームを設け、湖北省など状況が深刻な地域に党の幹部を派遣するなど、対策に乗り出すことを決めました。

また、感染者が急増する事態を受けて、中国の旅行会社は中国政府からの要請で、日本を含む海外への団体旅行を27日から当面中止することになりました。

中国政府は感染拡大の防止は可能だと強調していましたが、患者の数は日を追うごとに増加し、感染拡大が収まらない事態が浮き彫りとなっています。

隣の鄂州「自家用車で外出」「人が集まる催し」禁止

湖北省武漢の当局が、中心部では、許可された車以外の通行を禁止する中、武漢に隣接する鄂州も26日から同様の措置を取ると発表しました。

地元当局はタクシー合わせて132台をすでに配備しているとし、市民の自家用車での外出を禁じた形です。

さらに鄂州では、すべてのインターネットカフェやカラオケ店などの営業を禁止したほか、結婚式の延期を求めるなど、人が多く集まるイベントを開催しないよう通知しています。

上海 日本人学校 春節の連休を2週間延長

上海にある日本人学校は旧正月の春節に合わせた連休を延長し、学校再開を来月17日まで2週間延期することになりました。

上海にある日本人学校によりますと、学校の再開は当初、来月3日でしたが、上海市当局の指導を受けて延期を決めたということで、ホームページなどを通じて児童や生徒の家庭に通知しました。

上海にある3つの日本人学校には小中高の児童や生徒合わせて2400人余りが通っています。

誕生日祝いも禁止の地域も

中国各地の当局は、多くの人が集まる結婚式や葬儀などを控えるよう呼びかけています。

上海は市内の葬儀場に対して、身近な家族以外が参列する告別式などを控えるよう通知を出し、遺族であっても発熱などの症状がある人は参列しないよう求めています。

さらに葬儀場のスタッフのためにマスクや消毒液、体温計などを準備し、予防対策を徹底するよう呼びかけています。

感染の拡大が深刻な湖北省では、結婚式や葬儀だけでなく、子どもの誕生日や引っ越し、商店の開店祝いといった集まりまで禁止する地域もあり、各地で警戒が強まっています。

台湾 中国からの入境を大幅制限

台湾当局は26日、新型のコロナウイルスの感染が最も深刻な中国の湖北省に暮らす人が台湾に入ることを禁止すると発表しました。

このほか、中国の湖北省以外から台湾を訪れる人についてもビジネスの目的を除いて渡航許可申請を当面受理せず、台湾の大学に通う中国人留学生も今後2週間は台湾に入れなくなるということです。