新型肺炎 中国から海外への団体旅行 27日から全面的に中止へ

新型肺炎 中国から海外への団体旅行 27日から全面的に中止へ
k10012259161_202001260615_202001260617.mp4
中国で新型のコロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、中国の旅行会社は、日本を含む海外への団体旅行を27日から、当面、中止することになりました。中国からは日本に多くの観光客が訪れているだけに日本の観光業界にも大きな影響が出るものとみられます。
中国では新型のコロナウイルスによる肺炎の患者が増え続け、中国の保健当局は25日、患者の数が、中国のほぼ全土にわたる全国29の省や市などで合わせて1287人になり、41人が死亡したと発表しました。

感染者が急増する事態を受けて、中国の旅行会社は中国政府からの要請で、日本を含む海外への団体旅行を27日から当面、中止することになりました。

また、旅行会社が販売する航空券とホテルをセットにした旅行商品の取り扱いも、当面、取りやめるということです。

これらの措置をいつまで続けるのかは明らかにしていません。

中国からは日本に多くの観光客が訪れているだけに今回の措置は、日本の観光業界にも大きな影響が出るものとみられます。

指導部直属の対策チームを設置へ

一方、中国共産党の最高指導部は、25日、急きょ会議を開き、対応を協議しました。

この中で習近平国家主席は「新型コロナウイルスのまん延が加速する深刻な状況だ」としたうえで、「感染の予防と抑制の重要性と緊急性を深く認識したうえで、党中央の指揮のもと、各部門で対策を着実に実行していかなければならない」と述べました。

会議では、この問題をめぐる指導部直属の対策チームを新たに設置し、湖北省など状況が深刻な地域に党の幹部を派遣するなど、指導部主導で対策に乗り出すことを決めました。

旧正月の「春節」期間中に、共産党最高指導部のメンバー全員が出席して会議を開くのは極めて異例で、感染の拡大に対する習近平指導部の強い危機感を示した形です。

米市民や外交官をチャーター機で避難させる計画か

アメリカの有力紙、ウォール・ストリート・ジャーナルは、中国で新型のコロナウイルスの感染が広がっていることを受けて、アメリカ政府が26日にも、中国の湖北省武漢に住むアメリカ市民や外交官などをチャーター機で避難させる計画だと報じました。

それによりますと、武漢にはおよそ1000人のアメリカ人が住んでいるとみられ、現地のアメリカ総領事館が連絡をとり、チャーター機の座席を確保すると申し出ているということです。

チャーター機は、ほかの国には立ち寄らず、直接、アメリカに向かうとしていますが、アメリカ国内のどの空港に着陸するのかは現時点でわかっていません。

また、ウォール・ストリート・ジャーナルは、アメリカ政府が、武漢にあるアメリカ総領事館を一時的に閉鎖することにしていると伝えています。

北京 地下鉄で乗客の体温検査

新型のコロナウイルスの感染拡大を防ごうと、北京の地下鉄の駅では、25日夕方から乗客の体温検査が始まりました。

北京では市民が外出を控えているため、駅は閑散としていますが、地上の出入り口に白い防護服を着た係員が配置され、構内に入る乗客に1人ずつ計測器をあてて、体温を測っています。

北京市内は、世界遺産の故宮などの観光地が閉鎖され、旧正月「春節」の恒例行事で大勢の人が集まる縁日も中止されるなど、当局が感染拡大の防止に力を入れています。

北京 長距離バスを運行休止

中国の国営メディアなどによりますと、新型のコロナウイルスの感染拡大を抑え込むため、北京市の当局は、26日から北京と全国の主要都市を結ぶ全ての長距離バスの運行を当面、休止することを決めました。市内の路線バスは営業を続けるということです。

香港政府 警戒レベルを最高に引き上げ

香港政府トップの林鄭月娥行政長官は、中国本土を中心に新型のコロナウイルスの感染が拡大していることを受けて、感染症の警戒レベルを最も高い「緊急」に引き上げたと発表しました。

香港ではこれまでに、新型のコロナウイルスに感染した人が5人確認されています。

こうした事態を受けて、香港政府トップの林鄭月娥行政長官が25日、記者会見し、新型のコロナウイルスに対する感染症の警戒レベルを1段階引き上げて、最も高い「緊急」とすると明らかにしました。

また、幼稚園から高校までの旧正月の休みを2週間程度延長し、来月16日までとするほか、香港と中国・湖北省の武漢を結ぶ高速鉄道と航空便を無期限で停止するということです。

さらに、来月9日に予定され、毎年、日本からも大勢のランナーが参加する「香港マラソン」の開催を中止するということです。

そのうえで、政府内に専門の対策チームを立ち上げて、中国の当局などとの情報共有を強化するほか、中国本土との境界で、香港に入る人に対して健康状態についての申告を求め、虚偽の申告をした場合には刑事罰を科すこともあるとしています。

台湾 立ち寄り先を隠した感染者に罰金

台湾南部・高雄市の衛生局は、新型のコロナウイルスの感染が確認された50代の男性が、当局による聞き取りで立ち寄り先を隠したなどとして、30万台湾元、日本円で100万円余りの罰金を科したと発表しました。

高雄市によりますと、この男性は、仕事で滞在していた中国湖北省の武漢で発熱などの症状がありましたが、薬を飲んで熱を下げて今月21日に台湾に戻り、この際、空港で武漢での滞在歴や症状について申告していませんでした。

男性は翌22日、マスクをせずに高雄市内のダンスホールに立ち寄っていましたが、治療のため、隔離されたあとに行われた保健当局による聞き取り調査では、これについて明らかにしていなかったということです。

台湾ではこれまでに、武漢から訪れた中国人観光客やこの男性を含めて合わせて3人が新型のコロナウイルスに感染したことが確認されていて、台湾当局は、中国大陸への団体ツアーを今月31日まで停止するよう旅行会社などに要請しています。

中国の専門家チーム「数種類の薬を臨床治療へ」

中国で感染が拡大している新型のコロナウイルスについて、中国の保健当局の専門家チームを率いる鍾南山チーム長は、中国メディアの取材に対し、「いまのところ、すでに安全性が確認された数種類の薬を臨床治療に使う準備をしている」と述べて、治療法を見つけるための対応を急いでいることを明らかにしました。

一方で、「ただ、具体的な治療効果はさらに観察する必要がある」とも述べて、対応には時間がかかるという認識も示しました。