マンホールから地上に頭を出し車と衝突 男性作業員死亡 愛知

マンホールから地上に頭を出し車と衝突 男性作業員死亡 愛知
k10012258701_202001251004_202001251006.mp4
24日、愛知県刈谷市で下水管の清掃をしていた男性作業員が道路のマンホールから地上に頭を出したところ車と衝突して地下に転落し、その後死亡しました。現場の周辺では警備員が車の誘導をしていたということで、警察は事故の状況や安全管理の態勢を調べています。
24日午前10時20分ごろ、刈谷市野田町十三塚の交差点で下水管の清掃を請け負っていた会社の作業員、林輝昌さん(47)がマンホールから頭を出したところ、走ってきた乗用車と衝突して地下に転落しました。

林さんは頭を強く打って病院に運ばれ治療を受けていましたが、25日未明に死亡しました。

警察によりますと、事故当時、現場の周辺では警備員1人が車の誘導をしていましたが、マンホールの周りを柵で囲むような対応はとられていなかったということです。

警察は警備員から話を聞くなどして事故の状況を調べるとともに、会社の安全管理の態勢についても調べています。