新型肺炎 フランスで感染者3人確認 ヨーロッパで初

新型肺炎 フランスで感染者3人確認 ヨーロッパで初
中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスの感染が広がるなか、フランス政府は、仕事で武漢を訪れていた40代の中国系のフランス人など3人の感染者が国内で確認されたと発表しました。ヨーロッパで感染者が確認されたのは初めてです。
フランスの保健省は24日、フランス国内で新型のコロナウイルスの感染者が3人確認されたと発表しました。

このうち1人は南西部のボルドーに暮らす48歳の中国系のフランス人で、仕事で数日間、中国に滞在し武漢も訪れていたということで今月22日に帰国し、発熱などの症状を訴えたため検査を受けていました。

現在、病院に入院していて容体は安定しているということです。また、残り2人の感染者はパリで確認され、AFP通信によりますと最近、中国を訪れているということですが武漢を訪れていたかどうかなど詳しいことはわかっていません。

ヨーロッパで新型のコロナウイルスの感染者が確認されたのは初めてです。

記者会見を行ったビュザン保健相は「今後もほかの感染者が見つかる可能性は高い。重要なのはできるだけ早く感染者を見つけることだ」と述べ、感染が拡大しないように対策に万全を期す考えを強調しました。

フランス外務省 武漢脱出のバス用意へ

フランスの外務省は24日、新型のコロナウイルスの感染が拡大している中国・湖北省の武漢で暮らすフランス人のために、市外に出られるバスを用意すると発表しました。

武漢では地元当局が、現地を離れる航空便や鉄道の運行を停止するなど街を事実上、封鎖していて、現地で暮らす外国人も市外に出られなくなっています。

フランスのメディアによりますと、武漢にはフランスの自動車メーカー、ルノーとPSA=プジョー・シトロエンの工場があり、従業員や家族など合わせて数百人のフランス人が暮らしているということです。