“さとくん”が19人を殺害するまで

“さとくん”が19人を殺害するまで
「陽気で明るかった」「教師を目指していた」
昔の同級生や幼なじみに、ふと思いをはせることは誰にでもあると思います。『さとくん』もそんな風に友達に思い出される“普通の若者”でした。そんな彼が、どうして19人を殺害した『植松聖被告』になったのか。法廷で明らかにされた友人たちのことばから、その半生を追っていきます。(障害者殺傷事件取材班)

陽気で明るい“さとくん”

今から30年前の平成2年1月20日、小学校の教師の父親と、母親のもとに1人の男の子が生まれました。「聖」と書いて「さとし」と名付けられました。

その子はのちに事件の現場となる相模原市緑区の知的障害者施設「津久井やまゆり園」の近くで育ち、幼稚園から中学校まで地元で通いました。
3年半前、19人が殺害され、26人が重軽傷を負った事件の裁判。証人尋問が行われた5回目の審理と、弁護士が同級生や元交際相手などの調書を読み上げた6回目と7回目の審理では、植松被告が事件を起こすまでを振り返りました。

今回の傍聴記では、事件がなぜ起きたのか、その糸口を探りたいとあえて被告のことばと事件までの経緯を直視していきます。

“陽気で明るかった”ー幼稚園~高校時代

まず、幼かったころの被告です。
幼なじみ
「『さとくん』と呼んでいた。陽気で明るい性格でわいわい遊んだ仲でした」
通っていた小学校には重い知的障害がある同級生もいたといいます。
小中学校時代の同級生
「こうした子に対し、さとくんから偏見や差別的なことばは聞いたことがないです」
法廷に響く「さとくん」という呼び方と目の前の被告にギャップを感じながら、これまで取材でも被告の通っていた中学校の元教員が、卒業アルバムで笑顔を見せる被告を見ながら、「この写真の笑顔のように、さとくんは人なつっこい感じだった」と話していたことを思い出しました。

平成17年。被告は東京 八王子市の私立高校の調理科に進学します。このころの様子について被告と交際していた同級生の調書です。
高校時代の交際相手
「クラスではリーダー的存在でダンスの練習のときに面倒くさそうにしている人がいると『やるぞー!』と呼びかけたりしていました。ただ、気にくわないことがあると物に当たることがありました」
こんな調書も紹介されました。
被告の友人
「当時はまじめで教員を目指していると話していました」

“教師”と“危険ドラッグ”ー変わり始めた大学時代

平成20年。被告は都内の私立大学に入学。教育学科の初等教育コースに進みます。
大学時代の友人
「フットサルサークルに入っていました。基本的には明るくておもしろく、騒ぐのが好きな性格でした。大学2年の夏には頻繁に飲みに行ったりマージャンする仲でした」
傍聴しながら、自分の周りにもいそうな人物だなと感じさせられました。しかし、大学2年のころに変化が見え始めます。
大学時代の友人
「2年の冬には”脱法ハーブ”を使うようになっていました」

高校時代の友人
「20歳の頃入れ墨をしていました。『彫り師になりたい』と言っていたそうです」

高校時代の交際相手
「あるとき沈んだ声で電話をしてきたことがあった。『前みたいにピュアではなくなってしまった』と言っていました」
この調書が読み上げられた時、被告は法廷で声を出して笑っていました。

一方で、夢に向かっていた様子もうかがえました。通っていた大学が捜査当局の照会に応じた内容によると、大学4年の5月から6月にかけておよそ4週間、小学校で教育実習をしたということです。

勤務状況は、「朝、児童に玄関で気持ちよく声をかけて、やる気を感じさせる」と「A」評価。学力は「B」ですが指導態度は「子どもと過ごす時間を大事にして声をかけている」と「A」評価。総合成績はBでした。

大学の進路希望調査には次のように回答していました。
1、教員
2、公務員
3、運輸・倉庫

実際、平成24年3月には小学校教諭1種の免許も得ていました。しかし、被告は結局、教員採用試験は受けなかったといいます。希望通りの進路がかなわなかったことで挫折感を味わったのでしょうか。友人などの調書からはわかりませんでした。

“大麻”の使用は?

今回の裁判で弁護士は、大麻を使用したことによる精神障害の影響で責任能力はなかったとして無罪を主張しています。その大麻については…。
高校時代の友人
「平成23年ごろだったと思うが、被告は時折大麻を吸うようになりました。被告は『大麻は自然のものだから体に悪くない』と話していました」
そして、在学中に友人の間で交わされた会話です。もし子どもに障害があったらどうするかという話になった時の発言だといいます。
大学時代の友人
「被告は『俺は障害者は無理だな。俺が親なら育てられない』と言っていました」

「障害者はかわいい」ー“天職”と語っていた被告

大学卒業後は運送会社に就職しますが半年ほどで辞め、平成24年12月から被告は非常勤職員として津久井やまゆり園で働くようになります。

採用時に提出されたエントリーシートに記された被告の作文の内容です。

テーマは『人生にプラスになった出来事3つ』。
「部活動。小学5年から高校3年までバスケットボールに打ち込みました」「今思えば過酷だったが、バスケをやめたいと思うことはありませんでした。忍耐力と継続力が今の自分の支えになっています」

「学童保育。3年間非常勤として学童保育所で勤務しました」「子どもの根っこの思いやりを動かすことで成長するし、自分も成長できます。卒業時に子どもの流した涙が忘れられません」

「卒業後、社会人として仕事をして、新入社員代表に選ばれ、現場のルートをいち早く任されました」「人は小さな出来事の積み重ねで成長につながります。3つは大きな経験です」
法廷で読み上げられた内容からは、のちに凄惨(せいさん)な事件を起こすような人物には思えませんでした。施設で働き始めた当初は、待遇などに不満はあったようですが、やりがいを持って働いていた一面もかいま見えました。
大学時代の友人
「被告は『職員が死んだ魚の目をして希望なく働いている』と話すこともありました。しかし『でも障害者はかわいい。いつも寄ってきてくれるし俺がいないと生きていけないんだ』とうれしそうな口調で言っていて、ようやく被告が楽しく仕事をするようになったと安心しました」

小中学校時代の同級生
「仕事について被告は『年収300万円で安い』と言っていましたが、『障害者はかわいい。仕事はおもしろい』と言っていました」
さらにこんなことばも。
大学時代の後輩
「就職活動について相談したところ、被告は『仕事は金のためじゃなくやりがいだと思う。入れ墨を入れている自分でも、障害者の人たちはきらきらした目で接してくれる。自分にとって天職だ』と話していました」
働き始めたころは、差別的な主張をしていなかっただけでなく、「天職」とまで言っていたのです。

頻度増す“大麻”ー始まる差別的主張

平成25年、26年ごろなると、被告が大麻を吸う姿が頻繁に目撃されるようになります。
被告の友人
「以前から被告は友人から借りた大麻を吸っていて大麻の効果を知っていました。平成26年の夏ごろには大麻を買うようになり紙に巻いたりパイプに詰めたりしていました」

幼なじみ
「平成26年に大麻を吸っている姿を何度も見ました。テンションが高くなることはありましたが、異常な行動をしたり錯乱したりすることはありませんでした」
危険ドラッグから大麻へ。法廷でメモを取りながら、こんなに手軽に大麻が手に入ってしまう現実にも驚きを隠せませんでした。やがて施設で働き始めて2年ほどがたったころには、障害のある人への見方に変化が現れていました。
幼なじみ
「2年ぐらいたったときに、『障害者はかわいそう。食べているごはんもひどくて人間として扱われていない』と話すようになりました」
そして、事件の1年ほど前、平成27年の夏ごろになると、被告は差別的な主張を周囲に伝え始めます。
高校時代の友人
「6月ごろ突然『意思疎通できない障害者は生きている意味がない』と私に言うようになりました。あんなに仕事に満足していたさとくんがそんなことを言うようになったので仕事で何かあったのかなと思いました」

地元の友人
「夏ごろから意思疎通ができない障害者について『安楽死させたほうがいい』などと言うようになりました」
そして年末から事件が起きた平成28年に入るころには、常軌を逸した主張はさらにエスカレートし、「殺害」ということばが出てくるようになります。
高校時代の友人
「年が明けた頃、予言のカードを示しながら『このカードは俺のことを言っている。俺は伝説に残る男になる』と真顔で言ってきました。『自分が障害者を殺せばアメリカも同意してくれるはずだ』とか『UFOを見てから人格が変わった』とも言っていました」
そして2月になると周囲の人たちに殺害計画について語っていました。
小中学校時代の同級生
「2月11日、『相談したいことがある』と言ってきて、『やまゆり園の障害者を殺そうと思っている』『安倍総理に手紙を出そうと思っている』などと言っていました」
被告は実際に衆議院議長宛てに障害者を大量に殺害する計画を記した手紙を書き、安倍総理に伝えてほしいと公邸まで渡しに行くなど、ことばだけでなく現実的な行動も伴うようになり、2月には施設を退職します。

同時に障害者に危害を加えるような発言が原因で10日間ほど措置入院しますが、考えが改まることはありませんでした。
当時交際していた女性
「措置入院の前と違いなく障害者に対してネガティブな発言は継続していました。『俺がやる』『俺の手でやる』などと殺害をほのめかすような発言もしていました」
多くの人が異変とその危険性を感じ、被告を止めようと家族の立場になって考えるよう諭した人や、被告を呼び出して説得した友人もいました。中には「本気なら監禁してでも止める」と言った友人もいましたが、被告はその友人にまで「そんなことしたら殺すよ」と言って、考えを変えようとしませんでした。

次第に周囲は被告との関わりを避けるようになり、凶行を未然に食い止めることはできませんでした。

直視することで“糸口”を探りたい

5回から7回の審理では、被告が変貌していく様子や大麻の使用状況は見えてきましたが、差別的主張がなぜ生まれたのかはわかりませんでした。
1月24日に始まった被告人質問でも、被告は法廷で自身の差別的な主張を展開しました。重い知的障害のある娘と暮らし、被告と手紙のやり取りや接見を重ねてきた和光大学名誉教授の最首悟さん(83)は傍聴したあとこう語りました。
最首悟さん
「社会の至るところで生産性のない荷物を始末するという線引きが行われていて、被告は自分の考え自体は世界で支持されると思っているようだが、私たち夫婦は障害のある娘に頼り、娘のおかげで生きている。被告はより強くあることが人類の目的であるかのように考えているかもしれないが、弱さにこそ人が生きるうえで本当によるべき価値観があると思う。人への情愛を抜きにした社会はいずれ滅びてしまう。本来はそのことを考える裁判だと思うが、その片りんは感じられなかった」
裁判では、次回以降も被告人質問が続きます。

今回の傍聴記では書いている私たちもそうですが、読んでいる方も不快になったり傷ついたりする内容もあったと思います。しかし、なぜ事件が起きたのか、どうして防げなかったのか、どうしたらこのような事件を2度と起こさない社会にできるのか、その糸口を探るためにも引き続き審理の行方を伝えていきたいと思います。

「人は生きているだけで価値がある」

そんな当たり前のことをあえて言わなくても済むようにー。