中古HDDに生活保護関連の個人情報 県職員作成の情報か 高知

中古HDDに生活保護関連の個人情報 県職員作成の情報か 高知
k10012258481_202001242332_202001242333.mp4
高知県の業者が販売した中古のハードディスクに、県の職員が作成したとみられる生活保護に関する個人情報のデータが残されていたことが分かり、県がいきさつを詳しく調べています。
高知県によりますと、22日、県内に住む男性から、「数年前に購入したハードディスクを開いたら行政関係の個人情報が保存されていた」という問い合わせが県内の自治体にありました。

この男性は、高知県の中古部品販売業者からハードディスクを購入したということで、問い合わせを受けた自治体から24日、県に報告があったということです。

県が調べたところ、ハードディスクには、平成15年ごろに県の中央東福祉保健所の職員が作成したとみられる個人の名前や住所など、生活保護の受給者に関する個人情報が残されていたということです。

県は、この男性以外へのデータの流出の可能性は今のところないとしていますが、いきさつを詳しく調べています。

高知県福祉指導課は「ハードディスクが外部に流れた経緯やデータの詳細を確認していきたい」と話しています。