紙の通帳やめれば1000円贈呈 大手銀行がコスト削減で

紙の通帳やめれば1000円贈呈 大手銀行がコスト削減で
紙の通帳からスマートフォンなどで閲覧するデジタル通帳に切り替えた利用者に、1000円を贈呈する取り組みを大手銀行が始めました。低金利で経営環境が厳しい中、切り替えを促し、銀行側が負担する紙の通帳の維持管理費を減らすねらいです。
この取り組みは三菱UFJ銀行が始めました。預金者が紙の通帳からスマートフォンなどで残高や明細を見ることができるデジタル通帳に切り替えると、10万人限定で1000円を口座に振り込みます。東京・千代田区の本店では、24日に行員がATM・現金自動預け払い機にデジタル通帳への切り替えを呼びかけるステッカーを貼り付けていました。

この銀行では個人の預金者のおよそ9割が紙の通帳を持っていますが、1口座当たり年間200円の印紙税のほか紙代や印刷代などがかかり、費用は銀行側が負担しているということです。

低金利で経営環境が厳しい中、負担を減らしたいとして切り替えを呼びかけますが、高齢者などにも配慮して希望する場合は今後も紙の通帳を発行するとしています。小宮山貴裕上席調査役は「時代の流れの中で、顧客と銀行の双方にメリットがある取り組みとして進めていきたい」と話していました。

金融機関の間では、窓口やATMを使った振込手数料を値上げするなどインターネット取り引きの利用を増やし、コストを削減しようという動きが広がっています。

顧客は

都内の50代の男性は「紙の通帳はほとんど使わない。デジタルのほうが明細の確認や手続きが便利なので、今後普及していくと思う」と話していました。

一方、横浜市の30代の女性は「紙の通帳になじみがあり、1000円もらえるから変えようとは思わない」と話していました。