新型ウイルス肺炎 日本で2人目 武漢から旅行で東京訪問の男性

新型ウイルス肺炎 日本で2人目 武漢から旅行で東京訪問の男性
中国の湖北省武漢を中心に新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎が相次いでいる問題で、武漢から旅行で東京を訪れていた40代の中国人男性が新型のコロナウイルスに感染していることが確認されました。日本国内で確認された感染者は2人目となります。
厚生労働省によりますと、感染が確認されたのは湖北省武漢に住み旅行で東京を訪れていた40代の中国人男性で、来日する前の今月14日から発熱があり、15日と17日に医療機関を受診しましたが、肺炎とは診断されず、経過観察になったということです。

その後、19日に日本に入り、この際、空港の検疫でも発熱などの異常は確認されず20日に都内の医療機関を受診した際も肺炎とは診断されなかったということです。

しかし、22日になっても発熱やのどの痛みが続いたため再度、医療機関を受診したところ、肺炎の兆候がみられたため入院し、24日未明に新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

男性は現在、都内の医療機関に入院していますが症状は落ち着いているということです。

男性は武漢で多くの人が感染したとみられる海鮮市場には近づいていないと話しているということです。

また、日本では家族3人で都内のホテルに滞在し、医療機関以外にはほとんど出歩いておらず、移動の際はマスクをつけていたと話しているということです。

厚生労働省は男性と接触した家族や医療関係者およそ20人の健康状態を経過観察していますが、今のところ発熱などの症状は出ていないということです。

日本国内では武漢から帰国した神奈川県に住む30代の男性が今月15日に新型コロナウイルスに感染していたことが確認されていて
国内で確認された感染者は2人目となります。

厚生労働省は過剰に心配することなくマスクの着用や手洗いの徹底など通常の感染症対策に努めてもらいたいと呼びかけています。

男性は今月19日から日本に

関係者によりますと、新型のコロナウイルスに感染していることが確認された40代の中国人男性は今月19日、旅行で家族2人とともに成田空港から日本に入国し、東京都内のホテルに滞在していたということです。

20日に都内の医療機関を受診し、肺炎とは診断されませんでしたが再び発熱したため、22日に都内の別の医療機関を受診し、その後、入院しているということです。

男性は家族3人で都内のホテルに滞在していましたが、それぞれ別の部屋に宿泊していたということです。

また、男性は東京に来てから観光地などには出歩いていないという趣旨の話をしているということです。

専門家「拡大しない対策を」

感染症に詳しい川崎市健康安全研究所の岡部信彦所長は「SARSが流行した17年前とは日本と中国の間を行き来する人の数など社会状況がまったく違うため、2人目が確認されたのは当然といえる。
逆に通常のかぜやインフルエンザとの見分けが難しいなか、医療機関の診断などがある程度きちんと機能しているということではないか」と指摘しています。

そのうえで感染が確認された男性について「体調の異変に敏感に対応し、何度も医療機関を受診したり、移動時にはマスクを着用したりするなど感染を広げないように配慮していたようで、ありがたい患者さんだなという印象だ。今回の肺炎は軽症で済んだり、症状が出ない人もいると思われるので、感染しない対策だけでなく、
発熱やせきなどかぜのような症状が出たら、マスクを着用して速やかに医療機関を受診するなど、周りの人に広げない対策を心がけてほしい」と話しています。