大相撲初場所13日目 見どころ

大相撲初場所13日目 見どころ
大相撲初場所は13日目、1敗で優勝争いのトップに立つ平幕の正代は輝と対戦します。初場所は12日目を終えて、前頭4枚目の正代と前頭17枚目の徳勝龍の平幕2人が1敗で並び、星の差1つで大関 貴景勝が追っています。12日目を終えた時点で平幕2人がトップに並ぶのは1場所15日制が定着した昭和24年以降では初めてのことです。
異例の展開の中で迎える13日目の24日、正代は、前頭11枚目でここまで3敗と好調の輝と対戦します。過去の対戦成績は正代の4勝1敗です。

今場所、立ち合いに圧力がある正代ですが突き押し相撲の輝も前に出る相撲が光っています。正代は輝の出足を止めることができれば、相撲のうまさで上回るだけに優位になりそうです。

徳勝龍は前頭9枚目で3敗の豊山との対戦です。突き押しでも四つでも相撲が取れる徳勝龍が馬力のある豊山に対してどのような取り口を見せるのか注目です。

追う貴景勝は関脇 高安と対戦します。過去の対戦成績は貴景勝が3勝6敗と負け越していますが、立ち合いの鋭さは貴景勝に分があります。

平幕がトップの優勝争いの中で貴景勝は大関として番付の重みを示すためにも星を落とすことは避けなければなりません。