センバツ高校野球 きょう出場校決定

センバツ高校野球 きょう出場校決定
ことし3月に甲子園球場で開幕するセンバツ高校野球に出場する32校が24日、決定します。
ことしで92回目を迎えるセンバツ高校野球は24日、大阪市内で出場校を決める選考委員会が開かれ、去年秋の地方大会の成績などを参考に選ぶ「一般選考」の29校と困難な状況を克服して好成績を残した学校などが対象となる「21世紀枠」の3校の合わせて32校が選ばれます。

「一般選考」のうち、東海は去年秋の明治神宮大会で愛知の中京大中京高校が優勝したため、出場枠が例年より1つ増えて3校となります。

このほかは北海道が1校、東北が2校、東京を含む関東が6校、北信越が2校、近畿が6校、中国と四国は合わせて5校、九州は4校となっています。

また「21世紀枠」の3校は全国の9地区の候補校から、東日本から1校、西日本から1校、そして、地域を限定せずに1校がそれぞれ選ばれます。

出場校は午後3時からまず「21世紀枠」の3校が発表されたあと、「一般選考」の29校が発表されます。

ことしのセンバツ高校野球は3月19日に甲子園球場で開幕し、2日間の休養日を含めて13日間の日程で行われます。