安倍首相 同性婚 現行憲法では想定せず 極めて慎重な検討必要

安倍首相 同性婚 現行憲法では想定せず 極めて慎重な検討必要
同性婚をめぐり、安倍総理大臣は衆議院本会議の代表質問で、憲法の規定では、同性婚の成立を認めることは想定されていないとしたうえで、家族の在り方の根幹に関わる問題であり、極めて慎重な検討が必要だという認識を示しました。
この中で、安倍総理大臣は、同性婚について「憲法24条では、婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立すると定めており、現行憲法のもとでは、同性カップルに婚姻の成立を認めることは想定されていない」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「同性婚制度の導入の是非は、わが国の家族の在り方の根幹に関わる問題であり、極めて慎重な検討を要するものと考えている」と述べました。