入試の答案用紙 シュレッダーに 採点できず 茨城 中高一貫校

入試の答案用紙 シュレッダーに 採点できず 茨城 中高一貫校
今月行われた茨城県立古河中等教育学校の入学試験で、教員が誤って受験生1人の答案用紙をシュレッダーにかけ採点できなくなっていたことがわかりました。県教育委員会はこの受験生に謝罪するとともに、受験生が不利にならないよう配慮したうえで合否を判定する措置を取りました。
茨城県教育委員会によりますと、古河市にある県立の中高一貫校、「古河中等教育学校」で今月11日に行われた入試の翌日に教員が思考力や判断力を問う「適性検査1」の受験生1人分の答案用紙のうち1枚がないことに気付きました。

校内を探したところ、職員室のシュレッダーの中から答案用紙の断片と見られる紙がみつかりましたが、採点できるように復元はできなかったということです。

県教育委員会は受験生に謝罪するとともに、不利にならないように破損した部分を最も高い点数にする措置を取ったうえで合否を判定し、22日、合格発表を行ったということです。

入試に関する書類を処分するには管理職の許可が必要でしたが、この学校では教員が許可を得ずにシュレッダーにかけていたということで県教育委員会は今後、処分を検討するということです。
県教育委員会の秋本光徳 高校教育課長は「あってはならない不祥事で、関係者や県民の皆様に心配と迷惑をかけ申し訳ない」と謝罪しました。