東京五輪・パラ 注意すべき感染症は… 学会がリスト公表へ

東京五輪・パラ 注意すべき感染症は… 学会がリスト公表へ
k10012254011_202001220616_202001220617.mp4
東京オリンピック・パラリンピックで世界各国から多くの人が集まると、国内ではあまり経験しない感染症にもかかるおそれがあるとして、日本感染症学会は注意すべき感染症のリストを公表し、大会に関わる人たちにワクチンの接種などを呼びかけることを決めました。
日本感染症学会は東京オリンピック・パラリンピックを前に、事前に予防策をとるべき感染症のリストを作って公表することを決めました。

リストでははしかや風疹、インフルエンザなど、感染力が高かったり大きな流行を引き起こしたりする感染症のほか、国内では症例が少ない「侵襲性髄膜炎菌感染症」など合わせて8種類について、大会関係者やボランティアなどは事前にワクチンを接種すべきなどとしています。

このうち「侵襲性髄膜炎菌感染症」は、くしゃみやせきなどを介して感染し、高熱や関節痛といった症状や意識障害などを引き起こして、治療しない場合、致死率は50%に上るとされます。

アフリカ中央部では流行が見られ、日本国内でも去年のラグビーワールドカップの後に1例報告されているということで、学会は特に注意が必要だとしています。

リストを作成した防衛医科大学校の川名明彦教授は「選手を招く自治体関係者や民間交流を行う人たちも、手洗いやマスクの着用を徹底するとともに、ワクチンを接種するなどして感染症に備えてほしい」と話しています。