「桜を見る会」保存期間終了し“存在せず”と説明の文書が存在

「桜を見る会」保存期間終了し“存在せず”と説明の文書が存在
「桜を見る会」をめぐり、菅官房長官は、午後の記者会見で、保存期間が終了し、存在しないと説明してきた平成23年から25年までの会場設営の契約書などに関する文書が残されていたことを明らかにし、確認不足で不適切な対応だったという認識を示しました。
この中で、菅官房長官は「内閣府の総務課で、行政文書の管理簿や廃棄簿などを確認したところ、保存期間がすぎている平成23年から25年の会場設営の契約書などに関する資料が廃棄の手続きが終わっておらず、部屋の中を探したところファイルがあった」と明らかにしました。

そのうえで「総務課では、保存期間は5年という前提で対外的な説明を行ってきたところだが、確認不足で不適切な対応であり、国会関係者に丁寧に説明するよう指示した」と述べました。

一方で、菅官房長官は「今回の文書管理は、公文書管理法に違反する取り扱いではないと聞いている」と述べました。

自民 森山国対委員長「スピーディーに提出するのは大事」

自民党の森山国会対策委員長は、記者会見で、「私が聞いている範囲では、『探したがない』と返事をしていた資料が、ほかのものと一緒に出てきたということだ。探して出てこなかったものが出てきたら、スピーディーに提出するのは大事なことだ」と述べました。

参院予算委 福岡筆頭理事「内閣府のこれまでの対応に問題」

参議院予算委員会の与党側の筆頭理事を務める自民党の福岡資麿氏は、記者団に対し、「内閣府から、『ないと言っていたものが見つかり、申し訳ありませんでした』という説明があった。内閣府のこれまでの対応に問題があったことは、そのとおりだと思うので、今後そうしたことがないよう、与党として厳しく内閣府に言っていきたい」と述べました。