大相撲初場所10日目 正代と徳勝龍1敗守る

大相撲初場所10日目 正代と徳勝龍1敗守る
大相撲初場所は10日目。平幕の正代と徳勝龍が勝って1敗を守り優勝争いのトップに立っています。
中入り後の勝敗です。

志摩ノ海に栃煌山は栃煌山が巻き落とし。

霧馬山に剣翔は霧馬山が寄り切り。

千代丸に徳勝龍は徳勝龍が突き落としで勝って9勝目をあげました。

勢に千代大龍は勢が押し出し。

輝に琴恵光は、輝が突き出しで勝って勝ち越しを決めました。

琴恵光は負け越しです。

琴奨菊に佐田の海は佐田の海が寄り切り。

魁聖に隆の勝は隆の勝が押し出し。

豊山に東龍は豊山が押し出しで勝って勝ち越しを決めました。

照強に碧山は照強が「引っ掛け」。

竜電に石浦は石浦が下手出し投げ。

阿武咲に隠岐の海は隠岐の海が寄り切り。

正代に松鳳山は正代が寄り切りで勝ち、1敗を守りました。

御嶽海に遠藤は御嶽海が上手出し投げで勝ちました。

妙義龍に玉鷲は玉鷲が押し出し。

大栄翔に北勝富士は北勝富士が引っ掛け。

栃ノ心に朝乃山は栃ノ心が下手投げ。

高安に阿炎は高安がはたき込み。

炎鵬に大関 貴景勝は貴景勝が押し出しで勝ち、2敗に踏みとどまりました。

大関 豪栄道に宝富士は宝富士が送り出し。負け越すと大関陥落となる角番
の豪栄道は7敗となり、あとがなくなりました。

大相撲初場所は10日目が終わって1敗が平幕の正代と徳勝龍、2敗で大関 貴景勝と、平幕の豊山と輝が続いています。

初場所10日目の談話

大関経験のある十両の照ノ富士は10連勝で「ふた桁は場所前から目指していたので達成できてよかった。中途半端な相撲を取ると来場所につながらない。勝ったら勝った、負けたら負けたでいい。しっかりと力を出し切れる相撲を取りにいきたい」と話しました。

9勝目をあげた徳勝龍は「勝ち越したあとに負けては意味がない。より気を引き締めて臨んだ。よい緊張感で相撲が取れている」と話しました。

勝ち越しを決めた輝は「常に攻める意識が出ていたのがよかった。全体的に自分のよいところが出てきている。最後まで出し切れるようにしたい」と話しました。

豊山も勝ち越しを決め「きょうも完璧だった。ことしは上位を狙う覚悟で土俵に上がっている。ひとつ形になったと思う。しっかり1敗の人についていきたい。あと5日、必死に相撲を取る」と話しました。

1敗を守った正代は優勝争いについて「まだ上位で当たっていない人もいる。当たっていないから落ち着いて取れている。あしたにつながる相撲を取れたら成績につながる」と話しました。

前日に敗れて来場所の大関復帰がなくなった関脇 高安は4勝目をあげ「いい立ち合いができた。また集中してやります」と話しました。

大関 貴景勝は炎鵬に勝って2敗を守り「あの体でこの番付に来るには相当、頭も使わなければならない。筋肉の柔らかさを感じた。気持ちで負けないように頑張った」と話しました。

炎鵬は「何一つ通用しなかった。これが自分の実力だと思う。立ち合いでペースを乱したかったが相手が何枚も上手だった」と話しました。

宝富士に送り出しで敗れ7敗となり、あとがなくなった角番の大関 豪栄道は「ある程度いなしてくるのはわかっていたが、そこで残せなかった。今までやってきたことを十分出せるよう頑張る」と冷静でした。

宝富士は「大関みたいに緊張する必要はないし、気楽に思い切り、負けてもいいと思ってやった。体は動いている」とうれしそうでした。