ファーウェイ副会長の身柄を米に引き渡すか審理始まる カナダ

ファーウェイ副会長の身柄を米に引き渡すか審理始まる カナダ
おととしカナダで逮捕された中国の通信機器大手 ファーウェイの副会長の身柄をアメリカに引き渡すかどうかを決める審理が20日、現地の裁判所で始まりました。審理は副会長も出廷して行われ、弁護側は身柄を引き渡す根拠はないと主張しました。
ファーウェイの孟晩舟副会長は、経済制裁を科されているイランと取り引きしたなどとして、おととし12月、アメリカの要請によってカナダで逮捕され、その後、詐欺などの罪でアメリカ司法省に起訴されました。

孟副会長は保釈され、カナダ西部のバンクーバーの自宅で生活していますが、アメリカ側が求める身柄の引き渡しに応じるかどうかを決める審理が20日、現地の裁判所で始まりました。

アメリカとカナダは容疑者の身柄の引き渡しに関する条約を結んでいますが、カナダの国内法では、アメリカで起訴された行為がカナダの法律に照らしても違法だとみなされないかぎり、身柄を引き渡すことは禁じられています。

審理は孟副会長も出廷して行われ、弁護側は、カナダはアメリカの代わりに制裁の実行を迫られているに等しく、アメリカの要請は不当だと主張しました。

そのうえで副会長はカナダの法律に違反しているわけではないとして身柄を引き渡さないよう求めました。

審理は数日続く見通しで、ハイテクや安全保障の分野でアメリカと中国の主導権争いが続く中、裁判所の判断が注目されています。